ドラマ

【特撮ドラマ】・「ウルトラマンダイナ 第10話 禁断の地上絵」

ウルトラマンダイナ 第10話「禁断の地上絵」。
小学生が人んちの庭を覗いたら、怪人(宇宙人ではない)三人が謎の儀式をおこなっているというハイストレンジネスなオープニング、不穏な前半部がなかなか良い。後半、急に普通になるが……。

|

【無駄話】・「『宇宙からのメッセージ』の思い出」

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が公開され、それにともないネット上では、「日本版スター・ウォーズ」とも言える「宇宙からのメッセージ」についての言及が多くなっている。
大半は、表現は古いがいわゆる「生温かい視線」で、日本でのスター・ウォーズ公開前に「やり逃げ」的につくられた同作について、愛情こめて語られる場合が多いようだ。
しかし、当時小学校五年生で、親に拝み倒して1年に1回、劇場で映画を観る機会があるかないか、という状態での私のリアルタイムでの感想は、書き残しておかねばならないと思う。

続きを読む "【無駄話】・「『宇宙からのメッセージ』の思い出」"

|

【ドラマ】・「男女7人夏物語」

1986年に放送された人気恋愛ドラマ。いわゆる「トレンディドラマ」のさきがけとなった作品とも言われている。

泥酔した夜を過ごした今井良介(明石家さんま)は、朝、自分のベッドに見知らぬ女・神埼桃子(大竹しのぶ)が眠っていることを知って驚く。
二人は前の晩、酔って意気投合していたと後から聞かされるが、記憶がない。二人は顔を見合わせるなり言い合いになる。

その後、桃子は、妻のいる男性との恋にのめりこむ友人・沢田香里(賀来千香子)に新しい男を紹介しろ、と仲良し四人組のメンバーである千明(池上季実子)や美和子(小川みどり)に言われ、たまたまライターとして取材した大沢貞九郎(鶴太郎)を紹介する。
貞九郎は、偶然、良介の友人だった。これにプレイボーイの野上(奥田瑛二)を加え、女性四人、男性三人でのグループ交際のような関係が始まった。
そのメンバー内での恋模様を描いたドラマ。

続きを読む "【ドラマ】・「男女7人夏物語」"

|

【特撮】・宇宙人好きから観た「ウルトラマンタロウ 第36話「ひきょうもの! 花嫁は泣いた」

「ウルトラマンタロウ」第36話 「ひきょうもの!花嫁は泣いた」 は、検索すると「ひどい出来」、「まあまあ」くらいの評価しかないらしいエピソードだ。
だが、ある種の「宇宙人好き」にはなかなか好もしいエピソードではないだろうか。

続きを読む "【特撮】・宇宙人好きから観た「ウルトラマンタロウ 第36話「ひきょうもの! 花嫁は泣いた」"

|

【昼ドラ】・「幸せの時間」

「幸せの時間」は、国友やすゆきによる、1997年から2001年に漫画アクションで連載された、色欲と金欲に翻弄された家族が崩壊していくというドロドロな「昼ドラ的」マンガである。
ほぼ10年経ってからのドラマ化なわけで、逆になぜもっと早くドラマにならなかったのか、不思議なくらいのオイシイストーリーであった。

発端は、念願のマイホームを建て、そこに希望を持って引っ越してきた家族(夫・浅倉達彦、妻・智子、受験生の兄・良介、中学生の妹・香織)が、一人の若い女性・高村燿子を車でひいてしまい、その女性が夫と肉体関係をもってズブズブになっていくというもの。

ドラマ化を知ったのが、5、6回過ぎた後であわてて視聴を始めたのだが、まず「漫画アクション」という媒体上、主に「男性視点」だった本作を、「昼ドラ」の主要視聴者層である女性向けに描き直してあることに気づいた。
また、地上波で昼間に放送されるという制約上の問題など、いろいろと見るべきものがあったので、最終回を迎えたこともあり、その辺の話をしていきたい。

まず、単に「いわゆる昼ドラ」のドロドロ、メチャクチャ、アナクロを目指すのではなく、かなり誠実につくられたドラマだと思う、ということは最初に言っておきたい。これをコントとか言ったらつくった人がかわいそうだ。
まず、ヒロイン・智子の家庭を壊す耀子(夫の愛人となる)と花屋・篠田(智子をレイプしようとする。未遂に終わる)には、それなりの「孤独」という理由があったこと。
次に、最終回に突然改心するとかではなく、ドラマが経過していく中で耀子と花屋の心の動きをきちんと描いていたこと。
そして、「絵に描いたような幸せ家族」をつくることだけを考えてきたヒロインの思考の変化をも描き、自身も浮気することによって、自分にとって異物だった耀子を受け入れたこと。
(また、息子・良介がはらませた蓮っ葉なおねえちゃん・奈津とその子供の存在も受け入れている。)

これだけとっても、周到につくられたドラマだとわかる。「ラストが中途半端」という声もあるが、ドラマの流れから言ったら、家族が完全に崩壊する(あるいは元通りになる)方がおかしい。

達彦の親友・矢崎(柳沢慎吾)夫婦が「きれいごとだけではない、理想の夫婦」として登場するのは原作と同じだが、おそらく自主規制で慎吾ちゃんが香織と肉体関係を持たなかったために「子供のいない夫婦と、それに憧れる少女」の聖性は増した。

なお、ヒロイン・智子の浮気はその顛末が少々コミカル、達彦の浮気が地獄の大罪のように描かれるのは主婦向けだから。原作は「つくりもの家族を放置して我欲に徹する夫」が中心だったが、それを妻視点に書きなおした手腕は相当なものだと思う。

なお、会社パートは「家族」というテーマを打ち出すためか原作と比較して大幅にシーンが減っているので、原作で印象深いキャラクター「望月さん」が、脇役に後退してしまったのは少し残念だった。

本作は、簡単に言えば「家族一人ひとりが、自分たちの役割を放棄し、我欲に走ってしまったらどうなるのか?」という、モラル崩壊の物語である。
「それまで形式だけでうまくいっていたものが、そうではなくなる」というのは今日的なテーマだ。ちなみに映画「アウトレイジビヨンド」もそのたぐいである。

ふた昔前なら、厳格な父親か、懐の深い母親がまとめたこと、あるいは逆に、浮気なら浮気でだれかが耐え、だれかがちゃらんぽらんになることで成立していたことが、今は通じない。
ヒロイン・智子の母(丘みつ子)の世代までが、「自分の結婚に愛はなかった」と言う時代。つまり、まず大家族幻想は断たれている。

次に、智子が持っている「ニューファミリー幻想」も、夫・達彦の浮気によって崩壊する。しかも、ニューファミリー幻想は、「大家族制度」以上に倫理観について厳格なため、一度でもルールを犯すと心情的にも「裏切った」と見なされ、「ニューファミリー」は元に戻れなくなってしまう。

結果、浅倉一家が「今までどおりの家族」に戻ることはなかった。しかし、バラバラになるのではなく、どこかでゆるくつながっているような関係は保持されていく……というラストは、当然と言えば当然のものである。

さて、最後に智子の「お弁当」について。
番組のラストに毎回、視聴者から送られてきたカワイイお弁当の写真が載るのだが、ドラマ版「幸せの時間」では「お弁当」や「食事」が、かなりの意味合いを持っていた。
娘・香織が、学校で友達に自分のつくったお弁当を売っていた、ということで衝撃を受けた智子は、それでも弁当をつくり続ける。
智子にとって毎日の弁当づくりは、「家族」を守る象徴的行為なのだ。
彼女は毎日のお弁当を、すべてデジカメで撮ってデータを保存してある。

それでも家族は、いろいろあってなしくずしに崩壊していく。では、智子の主婦としての「弁当づくり」は本当に無駄だったのか? の問いには、本作は「無駄ではなかった」と応える。
主婦の観ている時間帯のドラマだから、というだけではなく、智子の「職業人としての主婦」の矜持の象徴が「弁当」であって、それは娘が友達に売ろうが、いいかげんに扱われようが、関係のないことなのである。

別の見方をすれば、理想ばかり追い求めていた智子が、いろんなものを受け入れて成長していくドラマの中で、「弁当」は「智子の最後のプライド」として機能していた、と言えよう。

……というわけで、マンガ原作のアニメ化へのコメントはよく見るが、「マンガ原作の昼ドラ」の感想はあまり見ないと思ったので、長文を書かせていただきました。

なお、マンガ版について私があーだこーだと感想を書いた同人誌が、アマゾンで売られているので、よかったら買ってください!!

|

【ドラマ】・「『ゲゲゲの女房』終了、その他」

NHKの朝の連ドラ「ゲゲゲの女房」が半年間の放送を終え、最終回を迎えた。
原作は水木しげるの妻、武良布枝の自伝。
ほんとすいません! 原作読んでないまま、感想を書きます。

続きを読む "【ドラマ】・「『ゲゲゲの女房』終了、その他」"

|

【ドラマ】・「点と線」

公式ページ

今までドラマ化したことないのかな? あるのかな? 知らない。でも「砂の器」よりは有名ではないよね。
原作読んでないけど、映像化しづらいプロットなんだろうなあ、と思った。
また、情景が変わったり激しいアクションがあるわけでもないから、テレビドラマ向きの原作なのだろう。
(鉄道ファンには「情景が変わってる」って思えるんだろうけど。)

で、けっきょく全部観てしまった。もう少しカタルシスのあるラストにならないかとも思ったが、これはこれでいい。

高視聴率だったようで、ときどきこういう硬質なドラマが高視聴率にならないと、日本は滅びるので良かったと思った。

ネットで「たけしは大根」って書いているやつがやっぱりいたけど、そんなことはわかっているんだよ。
私も、マニア的にたけしを追いかけてきたわけではないんだけど、空気みたいに影響を受けちゃってるんですよ。
昭和40年代後半生まれ以前の人たちはみんなそうなんじゃないか?

何というかね、「神」とまではいかなくても「恩師」くらいの感覚でどうしても観ちゃうんだよね。
だから、大根だろうがセリフがたどたどしかろうが、そんなことはぜんぜんどうでもいいんだ。

ただ、ひとつだけ言えるのは、年老いたたけしの顔は「怨念」を表現できる顔。
本当に、戦中派にしか見えない顔なんだよな。
だから、それだけでも許せてしまう。
それがわかんない人は、たけしの出るドラマや映画を観る必要は無い。

やくざ映画はいやだって「監督ばんざい!」で言っていたけど、
たけしはやくざ映画を撮り続けるべきだと思うんだ。
「怨念」とその爆発を、ああいうかたちで表現できる役者はたけししかいないんだから。

それと、ラストのうついけんが泣くシーンに文句つけてるやつもネットで見たけど、
そういう人間は、無念を抱えながら年を重ねた人間の気持ちが理解できない、ケツの青い若造。

高橋克典は、予想外によかったですね。初めて演技らしい演技を観たけど。
柳葉敏郎については賛否あるだろうと思う(何をやっても同じだとか)けど、
私はああいう人は好きです。

たけしは役者としてもまだまだできると思った。
もう少しトシを取ったら、奥崎健三みたいな狂った老人の役をやって、たけし軍団をバンバンぶっ殺すようなめちゃくちゃな映画をつくってほしいなあ。

|

【ドラマ】・「名探偵モンク」

Monk_1

NHKBS公式

VHS レンタル専用 2003/6/27発売:ユニバーサルピクチャーズ
2002年製作 米
監督:ディーン・パリゾット

何者かに妻を殺され、犯人を見つけられぬショックで高所恐怖症、潔癖症、過敏症、記憶の交錯などさまざまな神経症が併発してしまった元刑事で現在犯罪コンサルタントのモンク(トニー・シャローブ)。
彼は、刑事への復職を目指し私設看護婦シャローナ(ビティ・シュラム)とともに、天才的な推理力で難事件を次々と解決する!
1話完結の推理ドラマ。

アメリカで始まったのは数年前で、BSでやったりビデオ化されたのもけっこう前だけど、BSが観られないウチとしてはツタヤとかで借りて観るのに時間がかかったのよ。
ものすごく大ざっぱに言えば「刑事コロンボの神経症版」とでもいった感じ(あ、プロットとしては最後まで犯人やトリックはわからないタイプ)。

コロンボの面白さの一因として、決して社会的地位は高くない刑事のコロンボが、上流階級だとか知識階級の世界に食い込んでは犯人を捕まえてみせる、という爽快感があると思う。
で、本作では神経症によって休職に追い込まれたモンクと、彼の専属看護師であるシャローナ(バツイチで子持ちで教育もそんなにないっぽく、どこぞであんまり上品とは言えないダンサーをしてたとかいう過去がある)が探偵コンビとして、彼らをうさんくさく思う容疑者をとっつかまえるのが爽快である。

また、全編に渡ってコメディ的要素が強く、神経症を扱った少々ブラックなギャグ以外にも、たとえばトリックがいまいちでもギャグで取り返したりといったエピソードもあって、毎回あなどれないつくりになっている。

さらに、モンクの神経症は真剣に検証すると、何となくそれらを併発することはないんじゃないかという、たぶんありえない症状になっているんじゃないかと思う。そして、それがまたひどく一般の人にもありそうな感じなのだ。
人間関係や時間や、モロモロのことに追いかけ回されている人々にとって、モンクの症状は他人事ではないだろうし、そう思える人にとっては本作のペーソスが十分に理解できるだろう。

個人的にはどのエピソードか忘れたが、モンクを人間的には尊敬しつつ、刑事という職を考えて心を鬼にして復職に賛成しない警部や、
症状が強まったということで病院に入院したモンクが、病院内で隠蔽されている事件に気づいてしまい、しかし次々に証拠が無くなったりするために「自分はおかしいんじゃないか」と悩んでいるときに、シャローナからある方法で「あなたは正常よ」と書かれたメッセージが届くところなど(『事件5:重要参考人:サンタクロース』)は、泣けましたよ。

ビデオ化されている中で推理ものとして傑作だと思ったのは、ホテルでの殺人現場は目撃されているのに死体があとかたもなく消えてしまった『事件9:消えた証拠死体』、
飛行機恐怖症のモンクが機内で殺人の疑いのある男に遭遇、自分の証言を疑う乗客たちの間で殺人を立証しようとする『事件12:完全犯罪へのカウントダウン』かな。
とくに後者は「フライトプラン」なんかよりよっぽど面白いですよ。

また、本作では看護師のシャローナのキャラ立ちが魅力だったのだが、どうやら第二シーズンでは降板してしまったようである。次にやっているのはどんな人なのかなー。
それと、第二シーズン以降もビデオ化してほしいです。

あ、それと監督は「ギャラクシー・クエスト」の人なのね。そりゃギャグは冴えるわ。

『MONK ≪モンク≫』 全6巻
Vol.1『事件1:狙われた市長候補』
Vol.2『事件2:殺人現場で生まれた恋』『事件3:陰謀の観覧車』
Vol.3『事件4:億万長者の殺し方』『事件5:重要参考人:サンタクロース』
Vol.4『事件6:大地震のち殺人』『事件7:第一発見者は超能力者』
Vol.5『事件8:完全アリバイを崩せ』『事件9:消えた証拠死体』
Vol.6『事件10:盲目の目撃者』『事件11:復讐殺人はベッドルームで』『事件12:完全犯罪へのカウントダウン』

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)