特撮

【特撮】・宇宙人好きから観た「ミラーマン 第2話「侵略者(インベーダー)は隣りにいる」

[amazon]
1971~72年に放送された特撮ヒーロードラマの第二話。
爆弾テロ事件を起こし、マンションに住む女性を襲う、侵略者(インベーダー)にミラーマンが立ち向かう。

【特撮】・宇宙人好きから観た「ウルトラマンタロウ 第36話「ひきょうもの! 花嫁は泣いた」に続いて、「超常現象のハイストレンジネス事例を感じる特撮ドラマ」を書き留めておこうという私の無駄な努力。

「ミラーマン」が、当初は「盗まれた街」などを下敷きにした「しのびよる侵略者と戦うドラマ」であったのはなんとなく覚えている。
この回でも、「マンションの住人がいつの間にかインベーダーに入れ替わっている」という恐怖をじわじわと描いている。
そして、こういっちゃなんだがなんだか変な筋立てなのである。

まず「マンションの住人が入れ替わる」エピソードと「インベーダーが爆弾テロを起こす」エピソードにつながりが希薄だ。
次に、狙われるマンション住人の女性を、なぜ殺してしまわないのかがわからない。冒頭、別の女性はあっさり殺されているからだ。
むしろ、電気を止めたり、水道を出なくしたりとやることが地味である。

しかし、狙ってはいないと思うのだが「爆弾テロ」と「マンションの住人をおびやかす」こととの結びつきづらさが、「インベーダー」の不可解さを効果的に表現していると思う。

マンション上空を飛ぶ空飛ぶ円盤も実にいい。

タロウ36話「ひきょうもの! 花嫁は泣いた」も舞台はマンションだった。70年代のマンションは、まだまだ一般人にはなじみが薄かった。いわば「隣人がどんな人物かわからない」という「都会的感覚」を象徴した建物であったと言える。
これまた狙ったわけではないだろうが、「ミラーマン」が異次元人であるという設定もハイストレンジネス感を出している。
70年当時、「異次元人」に今よりもリアリティがあってこその設定だったろうが、今再見すると、クライマックスにやや唐突に始まる、マンションを突き破って巨大化するミラーマンと怪獣キティファイヤーとの戦いは、なんとなく「夢の光景」のような印象を与える。


|

【特撮】・「現時点でいちばんひどいと思うシン・ゴジラの感想」

ネット上ではものすごい感想・考察合戦になっている。
20年前の「現象」とも呼べるエヴァの人気のときには、私もいろいろと我慢していたのだが、20年も経ったので言いたいことは言わせていただく。

現時点で、私がいちばんひどいと思うシン・ゴジラの感想は以下のようなものです。
すべて同じ人が、どかのブログに書いていました。
箇条書きにします。

続きを読む "【特撮】・「現時点でいちばんひどいと思うシン・ゴジラの感想」"

|

【特撮】・「やまちゃんビオランテ問題」

ネットでは多少沈静化したかと思うが、あいかわらず「シン・ゴジラ」に関する考察や論争がすさまじい。
しかもみんな目が本気だ。何か殺気立っている。前にも書いたとおり「うるさいファン」というのはスター・ウォーズなりスター・トレックなり、あるいは宝塚もそうなのかな? とにかくいろいろいるとは思うが、「シン・ゴジラ」に関しては何かこう「ふざけるスキがない」ほどの、論者の殺気を感じるのだ。

そんな中、「少し頭を冷やそうよ」的な意見が出てくるのは当然だが、たとえば「『シン・ゴジラ』は一番作っちゃいけない作品だったのでは」の連ツイなどは、「政権批判の意図があるのだろうけど」という一文からもう読む気がなくなる。某評論家がこの人の連ツイをほめていたけど、正気ですか!?

政権批判の意図は、たぶんないだろう。
いちおう「20年前、エヴァをつくったときと庵野監督に劇的な考えの変化がなければ」というふうに断り書きをつけておくけどね。
20年は、人の考えが変わるのにじゅうぶんな時間だから。
しかし、庵野監督と樋口監督のコンビが、若い頃からの「オタク第一世代」のタマシイで「シン・ゴジラ」を描いているなら、政権批判の意味なんか、あるはずがない。

それよりも、頭を冷やすなら、私が気になっている「やまちゃんビオランテ問題」について考えた方がいいだろう。

続きを読む "【特撮】・「やまちゃんビオランテ問題」"

|

【映画】・「シン・ゴジラ」についての感想の感想、あるいはゴジラという「呪い」

私は生粋のゴジラファンではない。だがまあ公開されれば見ようかな、くらいの感じだ。
しかし「シン・ゴジラ」の迫力はすごかった。世の中にはアンチ・庵野という人が存在するらしく、90年代後半のエヴァ同様、論争を巻き起こすかもしれないがそれがまた、追い風となって客が入るかもしれない。
現に、オタクにはリピーターが続出している。

さて、今回は前回の感想から数日経っての、「ゴジラシリーズ」および「シン・ゴジラ」の、ネット上の「感想」に関する私の「感想」である。

続きを読む "【映画】・「シン・ゴジラ」についての感想の感想、あるいはゴジラという「呪い」"

|

【映画】・「シン・ゴジラ」

総監督・脚本・編集:庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣

かなり面白かったです。
公開されて間もないので、細かいことは書きません。
それよりも、特撮マニアならぬ私にとっての「ゴジラ」に対する心情(?)を書いておきます。

続きを読む "【映画】・「シン・ゴジラ」"

|

【特撮ドラマ】・「ウルトラマンダイナ 第10話 禁断の地上絵」

ウルトラマンダイナ 第10話「禁断の地上絵」。
小学生が人んちの庭を覗いたら、怪人(宇宙人ではない)三人が謎の儀式をおこなっているというハイストレンジネスなオープニング、不穏な前半部がなかなか良い。後半、急に普通になるが……。

|

【無駄話】・「『宇宙からのメッセージ』の思い出」

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が公開され、それにともないネット上では、「日本版スター・ウォーズ」とも言える「宇宙からのメッセージ」についての言及が多くなっている。
大半は、表現は古いがいわゆる「生温かい視線」で、日本でのスター・ウォーズ公開前に「やり逃げ」的につくられた同作について、愛情こめて語られる場合が多いようだ。
しかし、当時小学校五年生で、親に拝み倒して1年に1回、劇場で映画を観る機会があるかないか、という状態での私のリアルタイムでの感想は、書き残しておかねばならないと思う。

続きを読む "【無駄話】・「『宇宙からのメッセージ』の思い出」"

|

【自作解説】・「獣神剛拳マッドスカル」

ええと、宇宙から飛来した怪獣と、人類が総力をあげてつくった巨大ロボットが戦う話です(くわしいことは忘れた)。

イヤでしょうがないが、自作解説をするシリーズ。
ピクシブに載せた自作の小説を解説する際、本作を抜きにすることはできない。

なぜなら、まったく受けなかったからである。

感想は一つだけだったが、全体的にかんばしいものではなく、何よりロボットや怪獣が好きな人からも、黙殺された。
「パシフィック・リム」にあまりにも感動したので、インスパイアされて書いた小説だった。
ただの「マネ」にならないようにいろいろ盛り込んだ。完結編の後に、さらに続編も書いた。

現在、ピクシブ上にアップしてある私の小説の、三倍くらいのボリュームがあったと思う。

だが、いつまで経ってもアクセスも伸びず、感想ももらえず、他の自分の書いたものより確実にウケが悪い感じがしたので、
「こりゃー、もうダメだな」
と思い、ピクシブから削除した。

実は、いまだに、何が悪いのかサッパリわからない。

まあ、私が以前、趣味でマンガを描いていることを知る者も少ないが、
いつもの自作のマンガと似たような反応だったことを記憶している。

それにしても、他の作品と比べて特別違ったことをしようと思ったわけではないのに、アクセス数や評価回数、総合点などがかなり変わって来るのが、本当に不思議である。

|

【特撮映画】・「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」

映画「進撃の巨人」の続編(完結編)。
私は、【特撮映画】・「進撃の巨人」前編は少なくとも、ボンクラ童貞の成長物語である(ネタバレあり)というエントリで、できるだけ「前編」はフォローしたつもりだ。
それは、まず「前編、後編」の映画で、後編はすぐに公開されるから、最後まで観て評価しなければならない、という理由がひとつ。
もうひとつは、私がたまたま観た「進撃の巨人」前編批判のブログが、(おそらく)男性の書いたマッチョ批判、男性嫌悪からなっているテキストで、さすがにそれはねえだろうと思ったからである。

ネット上の映画評は、性差、ポリティカル・コレクトネス、フェミニズム評が、増えた(あるいは増えたように感じる)。
私自身、男女が平等になるのにやぶさかではないが、映画の最重要課題は「男女が平等に表現されること」とは言いきれない。
映画の出来不出来を、いちばん最初に「男女描写が平等か」で判断するのは、前から何か変だと思っていた。
映画の中のさまざまな表現の中で、男女が平等に表現されていればそれに越したことはないが、可能性としては男尊女卑でも女尊男卑でも、傑作という映画はありえるし、なければならない。
映画づくりは、「いかに近代的か」を表現するゲームではないのではないか?
実際、「マッドマックス 怒りのデスロード」でもまず最初に性差問題から入るレビューが多く見られたし、とくにマッチョイズムに支配されがちなSFアクションに、そういう批評が目立ってきたのだ。

続きを読む "【特撮映画】・「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」"

|

【特撮映画】・「進撃の巨人」前編は少なくとも、ボンクラ童貞の成長物語である(ネタバレあり)

監督:樋口真嗣、脚本:渡辺雄介、町山智浩

あらすじは適当にググって調べてください。
本作は前編、後編と分かれているため、後編を見てから何か感想を書こうと思っていたのだけれど、たまたま私の嫌いなパターンの評論を目にしてしまったので、書かざるを得ないと思った。

続きを読む "【特撮映画】・「進撃の巨人」前編は少なくとも、ボンクラ童貞の成長物語である(ネタバレあり)"

|

より以前の記事一覧