ぶっとび

【コミックマーケット】・「冬コミ告知」

(通常更新は、この下です)

冬コミ
三日目(31日)土曜日
東京ビッグサイト
東地区 2ホール Uブロック10a
サークル名 WAIWAIスタジオ

頒布物
「ぶっとびマンガ大作戦」Vol.20
一般的評価の対象外となっていた、主に70年代以降のマンガの紹介・評論。
三年ぶりの新刊。600円。

「勝手にグラビアアイドル評!」
勝手にグラビアイドル50人くらいに「この子はかわいい」、「この子もかわいい」と短評をつけてまとめた本。

「勝手にグラビアアイドル評! 完結編」
前回がもう少し売れると思ったが、そうでもなかったので店じまい的につくった。これが売れないと、しくしく泣きます。

それとクララ・キインさんの「大宗教学」なども委託販売予定です。

よろしくお願いします。

|

・「怒りのグルメ」 土山しげる(2015)

本作は、むちゃくちゃに面白い、ブッ飛べるマンガだ。
内容は、さえないサラリーマンの主人公が、まずすぎるジャンクフードなどを食っては怒り狂い、パンクロッカーみたいな謎の超人に変身して暴れまわり、金を強引にかえしてもらう、その繰り返し。
とにかく何でもかんでも怒りまくる。牛丼、つけ麺、インチキかに料理、料理だけではなく、マナーについても……。
はっきり言って、ムチャクチャである。

この作品、面白いには違いないのだが、主人公が「クレーマーそのもの」の作品である。
(こう言いきってしまうのは多少、勇気がいるが。)

しかし、これは言い逃れのしようがないように思う。というのは、掲載誌が、クレーマー的な記事中心の雑誌だったからだ。
要はカー雑誌に載っているクルママンガのようなものだったのだ。

そして、私はたぶんこの日本でだれよりも、「怒りのグルメ」が(無意識に)起こした問題提議は大きいと思っている人間である。

続きを読む "・「怒りのグルメ」 土山しげる(2015)"

|

【雑記】・「『ぶっとびマンガ大作戦Vol.17』(昨年夏コミ刊)、やっと通販開始!!」

「ぶっとびマンガ大作戦Vol.17」の通販を、COMIC ZINさんから開始します。
630円です。
バックナンバーも取り扱っています。
よろしくお願いいたします。

|

・「どげせん」(1) 板垣恵介&RIN(2007、日本文芸社)

[amazon]
四十代のくたびれた中年男・瀬戸発(せと・はじめ)。彼は決してケンカが強いわけではないのに、あらゆるトラブルを解決してしまう。
「土下座」によって!

……という、史上初の「土下座マンガ」が本作である。

続きを読む "・「どげせん」(1) 板垣恵介&RIN(2007、日本文芸社)"

|

【同人誌通販再度告知】・「ぶっとびマンガ大作戦Vol.16」

昨年冬コミでの新刊、「ぶっとびマンガ大作戦Vol.16」がCOMIC ZINにて通販しております。
今回は「おんがくマンガ特集」。
あと、「ぶっとびマンガ大作戦Vol.14」が現在、通販で購入可能なようです。
ちなみに、「水戸黄門マンガ特集」です。

よろしくお願いします。

|

・「海人ゴンズイ」 ジョージ秋山(2009、青林工藝舎)

Kaijingonzui
[amazon]
「ジョージ秋山 捨てがたき選集第1巻」として刊行。青年マンガ「ドハツテンツク」を同時収録。

80年代ジャンプに掲載、「努力 友情 勝利」を基盤とした明るく楽しいマンガ群にあって、ひときわ激しく残酷で、それでいてプリミティヴなパワーを持った「打ち切りマンガ」、それが「海人ゴンズイ」である。

ゴンズイ
ゴンズイ
海人 ゴンズイ

流人の島に
流れ着き

アチョプ! マウマウ!!
叫んだよ

サメに飛び乗り
空飛ぶよ

ゴンズイ
ゴンズイ

海人 ゴンズイ

フンムム フンムは戦(いくさ)の踊り

ウツボと戦い カマスをやっつけ

ジャンプに 残した
するどい 爪あと

ゴンズイ
ゴンズイ

海人 ゴンズイ

|

【雑記】・「『いいなり! あいぶれーしょん」の雫石のフィギュアが出るんだね!!』

Sizukuisi
「いいなり! あいぶれーしょん」の雫石のフィギュアが出るんだね!!

以前書いた感想では、本作がキワモノ的に観られがちなのではないかと思い、かなりマジメにフォローしたつもり。
でも、もちろん「ぶっとび」的な観方も可能であって、この辺は説明がむずかしいんですよねえ。連載は中断しているそうだけど、とにかくタダモノではないマンガだと思うので、みんな読むといいよ!!
[amazon]

#女の子のおもらしをテーマにした、SFタッチの少年マンガです。

#当ブログでは「おもちゃ」とか「ホビー」っていうカテゴリがないのでいちおう「日記・コラム・つぶやき」にカテゴライズしちゃった。

|

・「桃魂ユーマ」(3)(完結) 井上元伸(2006、秋田書店)

Tokon03

[amazon]

チャンピオンRED連載。
図体が大きいのにヒラヒラの服が大好きな少女・ユーマが、不良ばかりの吹きだまりの高校でガッツンガッツンに肉弾戦を繰り広げるマンガの完結編。

当然、だいぶ前に読んでいて、個人的にはむちゃくちゃに面白い最高の作品なのだが、なんだか個人的に鬱になったので紹介していませんでした。

続きを読む "・「桃魂ユーマ」(3)(完結) 井上元伸(2006、秋田書店)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【イベント】まだあるコミケ販売物

Buttobi04
8月13日(日)コミックマーケット70、WAIWAIスタジオ、西、ま13a

おっとこれの宣伝を忘れてた!!
「ぶっとびマンガ大作戦Vol.4 復刻版」
2000年5月にコピー誌として出したもののオフセ化。オフセットとしては今年5月発行です。
内容は、いつものように変わったマンガの紹介ですが、「性闘技マンガ特集」というセックスバトルのマンガ特集が載ってます。
300円。
「愛のトンデモ本」[amazon]で近いことを書かせてもらいましたが、この同人誌ではまた違った内容になってます。
「5年前からこんな本出してたのか」とあきれたい人は、ぜひどうぞ。

Buttobi04ura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【雑誌】・「ぴかれすく」Vol.2(2006、笠倉出版社)

Pikaresku02

6月中旬に出たおっさん向けエロ劇画誌。原作:坂本六有、作画:ふくしま政美「女犯坊」が目玉かな。とにかく「いったいどこで売ってんだ?」っていうつくりで、コンビニ売りかどうかも不明。
あの、老夫婦がやっている地元本屋で、店の半分はマンガと文庫本、残り半分はぜんぶエロ関係みたいな店あるでしょ。いまだに「小学ウン年生」の看板かかったままになってるみたいな。ああいう店で売ってる。
で、こういうのって手に入れちゃうと安心しちゃうんで、積ん読になってた。

続きを読む "【雑誌】・「ぴかれすく」Vol.2(2006、笠倉出版社)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)