マンガ

【評論】・「呉智英は劣化したのか?」

「保守派」とオカルトや偽史との奇妙な親和的関係

呉智英へのインタビュー。この記事自体は興味深い。
この記事に関し、前にも書いたと思うのだが、うまく書けなかったのでもう一度書く。
なお、いちおうお断りしておくが私は呉智英のファンである。

続きを読む "【評論】・「呉智英は劣化したのか?」"

|

【書籍】・「ぼくたちの80年代 美少女マンガ創世記」 おおこしたかのぶ(2014、徳間書店)

[amazon]
主に80年代に活躍、次代を担ったマンガ家に、当時や現在についてインタビューした本。
登場するのは、「少年誌のエロ路線」を描いていたえびはら武司、遠山光など、当時勃興した「ロリコン・美少女マンガ誌」に描いた、河本ひろし、山本直樹など、そのちょっと前の世代であるダーティー松本、サブカル・アングラ系では山野一など、非常に多岐に渡っている。
もともとエロ雑誌の中の活字ページの連載だったらしく、エロ目当てで雑誌を買った者にとっては、息ぬき的な、どちらかというと軽い内容になっている。それでも、「広義のエロマンガ」が破竹の勢いだった80年代、そしてひとつのターニングポイントになった「連続幼女誘拐殺人事件」を経てどう変わったかが各作家に質問されており、時代の空気が真空パックされた内容になっている。

私は、私の青春時代だったというだけで80年代を愛でているが、同時に「オタク黎明期」としての80年代の流れをおさえておくことは、オタク史のうえでも重要なのだとうったえ続けてきた。
まあ「重要かどうか」ということを言い出したら90年代も00年代も同じように重要なのだが、やはり「草創期」としての80年代はとても大切なのである。
というわけで、本書は80年代という時代を体感したい人には、必読の書といえる。

で、ここから先は、本書とは直接関係ない話である。

続きを読む "【書籍】・「ぼくたちの80年代 美少女マンガ創世記」 おおこしたかのぶ(2014、徳間書店)"

|

【映画】・「ルパン三世」

監督:北村龍平
脚本:水島力也
原案:山本又一朗

「犯罪界のドリームチーム」と言われた泥棒集団ザ・ワークスには、怪盗ルパンの孫である男がいた。それがルパン三世である。
ある裏社会の大物に「ザ・ワークス」をメタメタにされ、リーダーも殺されたルパンは、メンバーだった次元大介、いまひとつ信用ならない峰不二子、その他数人と組んで大物への復讐のために、クレオパトラの首飾りとそれに付けるルビーを盗むことを計画する。
対するのは難攻不落の要塞のような金庫。
ルパン一味のミッションが始まる。

賛否両論あるが、おれは本作を擁護する。

続きを読む "【映画】・「ルパン三世」"

|

【評論とは】・「萌え絵のおっぱいは偽おっぱいか」

へー、偽おっぱい騒動(騒動?)なんてのがあったのね。なんか「萌え絵のおっぱいの描き方は間違ってる!」みたいな指摘があったらしい(興味のある人は、独自に検索してください)。
「AKBファンは彼女たちがスカート履いてるからファンなんだろう」と言い放ったアイボのデザイナー並みの人が、まだまだいるんだなぁと。
まあ、言うのは自由なんだけど、「知性は人間を進歩させない」ことを証明しているようで、悲しくもある。


思いついたことを、いくつか書いておく。

続きを読む "【評論とは】・「萌え絵のおっぱいは偽おっぱいか」"

|

【同人誌通販再度告知】・「ぶっとびマンガ大作戦Vol.16」

昨年冬コミでの新刊、「ぶっとびマンガ大作戦Vol.16」がCOMIC ZINにて通販しております。
今回は「おんがくマンガ特集」。
あと、「ぶっとびマンガ大作戦Vol.14」が現在、通販で購入可能なようです。
ちなみに、「水戸黄門マンガ特集」です。

よろしくお願いします。

|

【書籍】・「謎のマンガ家・酒井七馬伝─『新宝島』伝説の光と影」 中野 晴行(2007、筑摩書房)

[amazon]
酒井七馬の伝記。
むちゃくちゃに面白い。
むちゃくちゃに面白いが、本書を面白いと感じられるかどうかは、
「酒井七馬」というマンガ家が、手塚治虫の出世作「新宝島」の共著者であること、
そしてその「新宝島」が、「絵が動いているように見える」ということでトキワ荘世代に多大なる影響を与えたこと、
さらに、現状では(少なくとも復刻版が出る前は)「本当に『新宝島』は画期的なのか?」という議論がある(あった?)こと、
などをふまえておく必要があるかもしれない。

あるいは、別の側面で、日本アニメの黎明期に興味がある人も読んで面白いと感じると思う。酒井七馬は、アニメーターでもあったからだ。

「新宝島」に話を戻すと、今年初めに「完全復刻版」[amazon]が刊行されるまで、読むことができなかったらしい。
「らしい」というのは、正直私が手塚マニアではないからで、よく知らないからである。
しかしこれはある意味問題で、日本マンガ史の、どうひっくり返しても重要作が、研究者でさえ読むことができなかったのには驚かされる。

続きを読む "【書籍】・「謎のマンガ家・酒井七馬伝─『新宝島』伝説の光と影」 中野 晴行(2007、筑摩書房)"

|

【ムック】・「ダ・ヴィンチ 殿堂入りコミックランキング150 マンガ史50年が生んだ名作はこれだ! 」(2009、メディアファクトリー)

[amazon]
amazonの内容紹介

日本が世界に誇るマンガ史50年を振り返る、永久保存版ランキング!
ダ・ヴィンチ読者、書店員などのアンケートから作成した、マンガ史50年を通観するランキング!あなたの胸を震わせた名作が、続々登場します。
50年間のトップに輝くのは、果たしてどの作品か!?総合ランキングのほか、60年代、70年代、80年代、90年代、2000年代の年代別ランキングも集計。かつてあなたの胸を震わせた名作が、続々登場します。井上雄彦、椎名軽穂、中村光ほかインタビューも多数収録。

ほんの少しだけ、書いてます。ほんのちょっとだけね。
記録としてここに書いておきます。

|

【備忘録】・「東大でなんかしゃべったよ」

小林氏の講義のゲストみたいな感じで、鶴岡さんといっしょにしゃべってきました。
1月25日(金)と1月29日(火)。
非常に雑談的な感じでしたが、面白いかどうかというと確実に面白かったと思います!
っていうか、自分でそう思い込むことにします!

そして、浜辺で泣いてます!

着てはもらえぬセーターを、
寒さこらえてパンペラピュー!!!!!

|

【備忘録】・「荒川区民カレッジ まんがの世界を探る」(もう終わってます)

荒川区民カレッジ まんがの世界を探る
(注:もう終わってます)
漫画がこれまで根付いてきた背景や漫画の面白さ等を解説します。

【日 時】 2007年11月3日・24日、12月15日・22日の土曜日(全4回)
      午後7時~9時(開場は午後6時30分)
【対 象】 荒川区内在住・在勤・在学の方、60人(申し込み順)
【内 容】 ストーリー漫画の誕生、手塚治虫・梶原一騎の足跡等
【講 師】 漫画研究家・吉田正高氏
【持ち物】 筆記用具
【入場料】 無料
【会場・申込み・問合せ】
 荒川区立生涯学習センター

↑上記の最終回である12月22日(土)に、総括的な話を吉田正高氏(「二次元美少女論」著者)とさせてもらいました。
こうやって記録しておかないと、だれも記憶してくれないと思うので書いておきます(笑)。

私自身は、昨今の世界観を表す重要なマンガとして「GUNSLINGER GIRL」と「最強伝説黒沢」を持っていきました。

|

・「超常現象ファイル 未確認飛行物体 UFO編」 あすかあきお(2007、学研)

コンビニ売りマンガ単行本。
たぶん「ショック・サイエンス」とかあの辺のやつのタイトルを変えての再刊だと思うが、初出データは掲載されていなかった。

あすかあきおはアメリカのUFO情報開示は新兵器開発のためのカムフラージュだと思っていて、その辺の主張が描かれている。
グレイの正体が突飛すぎて、多少面白かった。
1個のウソをつくためにどんどんウソを継ぎ足していくような感じで。
まあ、本人は「サイエンスエンターティナー」を名乗っているから、本気度はわからず。

しかし、新兵器説はあきらかに「冷戦」が説得力になっていたので、マンガの間の解説文はそこら辺が少し考慮されている。
逆に言えばアメリカの新兵器説というのは、しばらくの間は説得力を持ち得ないだろう。具体的には、イラクとの関係をどうにかするまでは。

|