評論とは

【表現】・「ラッキースケベ、および少年ラブコメ問題」その2(完結)

ちょっと気になったのが、一連の騒動を通して、
「ジャンプってマチスモでしょ」
と捨て台詞のように一行、だれかがツイートしていたことである。
検索すると「マチスモ」とは、ラテン・アメリカの男性優位主義のことのようだが、この場合は「マッチョイムズ」程度の意味だろう。

こうなってくると「ゆらぎ荘の幽奈さん」は、そもそも男性優位なマンガなのか? というところから議論を始めないといけないが、「だいぶマイルドにした、『おちぶれたマッチョイムズ』」だというのが、70年代後半以降の少年ラブコメや少年エッチマンガである、というのが私の認識だ。

だから、「幽奈さん」に限らず、ハーレムラブコメ作品にまつわる問題というのは、批判者側からすれば、「おちぶれたマッチョイムズを放置するのか、潰すのか」ということになるだろう。

そもそも、ハーレムの設定が「コメディ」として描かれていること自体、マッチョイムズをまともに描くのはアホらしいという含意がある。
こういう傾向が始まったのは、七十年代後半頃から。
「うる星やつら」とか、美少女二人どっちを取るかというあだち充の「みゆき」などが嚆矢となるだろう。
当時は「少年ラブコメ」と言った。もっと正確に言えば「ラブコメ」。少年誌だけで流通していた言葉だからだ。
(少女マンガのラブコメと少年マンガのラブコメはかなり違っていた。)

時代的には、松田優作主演のテレビドラマ「探偵物語」(79~80年)が、コメディ調に描かれていたことと重なる。
もちろん、同時代にも大藪春彦のハードボイルドの映画化や、渡哲也の「大門軍団」みたいな「男らしさ」を持ち上げる傾向は続くのだが、それでも70年代前半とは違ってきていた。

設定としては、多くの場合、主人公は優柔不断、何となく本命の女の子はいるのだが告白できず、そのうちなぜかいろんな美少女が集まってきてしまうというパターンである。
しかし、ときおり不良にからまれたりとか、冬山の山荘に二人きりになったりしたときには男気を見せる。
エロ描写で言えば、サービスショット的なものもときおり入っていたと思う。
(少年エッチマンガを、ラブコメ作品ととらえるかは面倒だがここではとりあえず、別物とする。)

ここにははっきりと「理想の男性像」の変質がある。別に昔っから同じことをやってきたわけではないのだ。

そのあげく、「ラッキースケベ」の導入となった。こうなったら、たとえ合意でも好きなこと手を握ったり、キスしたりすることもむずかしい。
つまり、そこまで「旧来の男像」を骨抜きにしたのが現在の「ハーレムラブコメ」の主人公なのだ。

だから、問題とするならそうしたハーレムものの構造自体を問題にしないといけない。

そもそも、すでに「幽奈さん」は6巻くらいまで単行本が出ている。
しかも、週刊少年ジャンプという超メジャー誌だ。
それが巻頭カラーになって「見つかり」、騒ぎ立てられる。

たまたま子供の買ってきたジャンプを観て、顔をしかめる母親、というのはわかる。
だが、それに寄ってきてわーわー言っている人は、「そういうのの監視員」としても、ぬるすぎる。

むろん私としては、繰り返すが「放置しても何ら問題ない」という考えである。
まあはっきり言って、どうでもいいということだ。
たとえば、「優奈さん」がこの騒動で打ち切りになったら、世の中変わるのだろうか?
まず変わらないだろう。

少年マンガ界が今まで無法地帯で何もやってこなかったのならともかく、時代の流れで、主人公の少年のキャラ設定まで「ヘタレ」になっているのに、それでもまだ批判する意味がわからない。
まあ、ジャンプも客商売だからクレームが来れば考慮はするだろう。

だがそれにしても、どうでもいい話だ。
フェミニズム的な課題にしぼったとしても、他に考えるべきことはたくさんあるはずだ。

(関連)
「ゆらぎ荘の幽奈さん」巻頭カラー問題

「ラッキースケベ、および少年ラブコメ問題」その1

|

【表現】・「ラッキースケベ、および少年ラブコメ問題」その1

「ラッキースケベ」の語源については、いろいろあるのかもしれないがとりあえず、ネットで検索していちばん最初に出てくるのは「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(2004~2005年)の作中に出て来たという話。
その後、「少年主人公の側から、絶対にエッチなことを仕掛けないようにしよう」と、原作者とマンガ家のあいだで決めたという「To LOVEる -とらぶる-」が2006~2009年まで週刊少年ジャンプで連載されている。
(この「取り決め」に関しては、単行本の1巻に書いてあったと記憶するが、今手元にない。すいません。)

ネットを観ると「To LOVEる -とらぶる-」が、少年誌エッチの限界を超えた、みたいな意見が多く誤解されがちだが、連載当初に、「少年主人公の側から、絶対にエッチなことを仕掛けないようにしよう」と決めた、というのはすなわち、
「ラッキースケベなシチュエーションしか登場しない」
ということである。

ではなぜ「ラッキースケベ」なシチュエーションが多様されるようになったかと言えば、現場でどういう話し合いがあったか知らないが、普通に考えて「少年主人公からのセクハラ的な行動を描かない、要するにセクハラを描かない」ということが目的だとしか、考えられない。
(80年代には、「少年主人公やその仲間たちが、女子更衣室や女風呂を覗く、などの明確にセクハラなシチュエーションが定番化していた。)

くわしく調べていないが、2004年に「用語」として「ラッキースケベ」が登場しているということは、シチュエーション自体はそれより前からあったと考えられる。
また、こちらも調べていないので申し訳ないが、「女性の乳首を描かない」というのも自主規制としてずいぶん前から行われてきた。
これも立派な自主規制である。

もちろん「時代は変わったのだから、もっと厳しくすべき」という意見もあるだろうが、個人的にはピンと来ない。
少年マンガなんだから、戦いや恋愛や、多少の(ここが反対派にとっては問題なのだろうが)エッチシーンが出るのは普通だとしか思えない。

なお、「エロではなくハラスメントだからいけないのだ」という意見に関しては、風でスカートがめくれるとか、雨でブラウスが透けてしまうとか、水着が吹き飛ばされてしまうとかいったシチュエーションに、「ハラスメントする側」がないので、成立しづらいと思う。
「作者がハラスメントをする側だ」という意見もあるだろうが、それでもマンガ作品内で行われる非・道徳的行為(暴力や殺人、ほかの違法行為)よりも率先して規制されるべきという理由が見当たらない。

そもそもが「ラッキースケベ」自体が妥協の産物なのだから、それに反対するなら、「もう時代が変わったんだからそれすらも許されない」というロジックがなければならない。

では「ラッキースケベ」に到達する前は少年マンガはどうだったのか、ということについて、気力があれば次回、説明する。

続く。

|

【問題】・「ゆらぎ荘の幽奈さん巻頭カラー問題」

少年ジャンプマンガの「ゆらぎ荘の幽奈さん」セクハラ騒動、個人的にはこのツイートがいちばんしっくりきますね。

(引用開始)
話がズレてしまいましたが、PC的なもの、あるいは合意に基づく性という性教育は学校教育、メインストリームがきっちり担うべきもので、少年ジャンプをはじめとする資本主義の中のサブカルチャーのすべてが「正しい」ものである必要はないと思います。それらはカオスの海に浮かんでいるべき微生物です
(引用終わり)

ただし、「18禁以外の娯楽作品」って、常に「こんなに面白いんだからメジャーであるべき」という「気持ち」にもオタクはさらされてきたので、そこで矛盾が生じ、繰り返し問題になるというところはあるでしょう。
多くのオタクは、「シン・ゴジラ」や「君の名は」が大ヒットしたことを、嬉しく思ったでしょう。それらの作品は「微生物か?」という問題が常にある。
立派なメジャー作品なんだから、影響力も強い、だからちゃんとしてほしい、という意見も一方であると思うんです。

だから、全年齢向けの作品については、最初から18禁の作品に難色を示すのとは、ちょっと違うんですよね。
海女さんのゆるキャラとかのときもそうでしたが。

にしても、私個人は今回、「何の問題もない」と思っている派です。
意見の違う人にはきらわれてしまうかもしれないけど、「問題がないから問題がない」と言っているのではなく、「何か多少道徳上、問題があったとしてもことさら問題にする必要はない」という見解です。

それは、たいていの性的な表現以外でも同じです。
「だから何!?」としか思えません。
「進撃の巨人」で言えば、人間が壁をつくったら、もっと大きな巨人が来たみたいな。
「進撃の巨人の壁」にたとえたのは、「ゆらぎ荘の幽奈さん」自体が、ここ半世紀の少年マンガにおける自主規制の産物だからです。

道徳的・倫理的な問題なら、「ありのままの私を認めてくれるだれか」を求める少女マンガ、「生き残るためなら何をやってもいい」とするデス・ゲームものなどの方が、よほど悪いと思います。

そもそも「ラッキースケベ」というのは「少年主人公によるセクハラの回避」という自主規制上の要請からできたもののはずで、「ラッキースケベがセクハラである」というのは、自主規制したらまたワンランク、厳しくしてきたな、という見解しか持てません。
(「ラッキースケベ」問題については、やる気が残っていれば後述します。)

それと、性表現を規制したい人々というのはほとんどそれだけをグイグイ押してくる人が多いので錯覚しがちですけど、
やっていることは昔の「年金党」とか「減税日本」みたいな、ワン・イシューで押してくるのと同じ。
だから「他に重要なことがあるのでは?」と返すと「論点をずらしてる」みたいな感じになりますが、本当、繰り返しますが「他に重要なことがあるのでは?」と思います。
あるいは、性表現反対について、マルチ・イシューのひとつとして「ハラスメントだからダメなんだ」と、「人権」全般で押してくる人もいますけど、イメージの世界なんでね。絵だし。人権そのものがおかされているわけではない。
だったら電通の自殺した女性のことをもっと考えるべきです。

運動論的には、表現規制は成果を得やすい、ということが確実にあると思いますね(最初に抗議めいた発言をしたのは、運動に参加していない人かもしれませんが、あっという間に賛成反対両陣営、集まってきた印象です)。
いつまで経っても成果の出ない運動を続けることは、キツいですから、潜在意識として「潰しやすいところから手を付けている」ということは、あるかもしれないと思っています。。
CMなんかあっという間に中止になりますから、さぞかし抗議のしがいがあると思います。

繰り返し書きますが、とにかく今回「え!? 少年誌でここまで!?」というわけでもないし、抗議が来ないかと言えばまあ不快に思う人もいるだろうし、という日常レベルの話で、議論としてまったく面白くなかったです。

なお、「ウチの子供には読ませたくないから読ませない」というのは、別にその人の勝手で、いいんじゃないかと思います。

続く。

|

【アニメ】・「ミスター味っ子」

アニメ「ミスター味っ子」、最終回まで観終わる。
以下は、私が感じたたわごとです。

私はアニメの「味っ子」は、疑似家族の話だと思っていて(マンガの方は知らない)、「味皇料理会」の存在そのものがそうだし、物語の前半では、料理は天才的だがコドモの陽一を、父親代わりの味皇さまや丸井のおっちゃんが見守っている、という構図だった。
それと、味勝負において至るところで、陽一は亡き父の業績を知るわけです(味っ子の父ちゃんは、外見はいたって普通だが、早世したわりには伝説を残しまくっている)。
やがて亡父のエピソードはだんだん出なくなり(亡父越えは果たした?)、味将軍に味皇料理会が大攻勢をかけられてからは、ひたすらに「姿を消した味皇」を探すことが物語のメインとなる。

「味頭巾」があまりにアホらしい設定なのでずっと気づかなかったが、姿を消した味皇は、陽一ほか、みんなにとっての追求すべき「味」の象徴であり、父親でもあった。

ところが、やっと見つけた味皇は記憶をなくしていた。後は、最終回まで味皇の記憶を、料理でどうやって取り戻せるかというのが主眼となる。

で、一馬が「味頭巾」を親のように思っていたが味勝負に敗れ、「親」や「家」を獲得したいという願望をかなえることに失敗し、姿を消す(孤児らしき一馬は、常にだれかに囲まれている陽一とは対照的な存在。または陽一の周囲のにぎやかさをきわだたせ、その「家族らしさ」を引き立てる存在でもある)。

ラスト三回、ものすごく不穏な展開になる。別に狙ったわけではないだろうが、絵柄も毎回違い、観ている者の気持ちをざわつかせる。
一馬は姿を消し、味皇料理会の面々はそれぞれが(とくに理由もなく)修行のためにバラバラになってゆく。
そして、母親までもが丸井と再婚してイタリアに行くと言い出し、陽一は激しく動揺する。

その動揺の果てに、ガールフレンドのみつ子の弟のしげるが交通事故にあってしまう。これは間接的に陽一が原因で、しげるの意識が戻るまでは、みつ子の心までが陽一から離れてしまうような描写がある。
すごい不穏な感覚!!

だが、意識を取り戻したしげるに、みつ子が「料理をつくってやりたい」と言ったことから、陽一の行き詰まりに光が差し始める。
(その前に、甲来軒のおっさんの奥さんが手料理をつくってくれ、そこにもヒントがある。)

そして陽一は、味皇の記憶を取り戻させる。その理由に関しては他愛ないというかありがちな感じではあるが、それまであまりに不穏な展開だったため、かなりホッとさせる。
結果的には、味皇の記憶回復は、疑似的な家族に守られてきた陽一が、独り立ちしていくことの象徴となっている。

(味皇が、幼い頃から「家族」に対する飢餓感を抱えていたという描写もあり、この辺、丁寧だ。)

この結末、どの程度狙っていたのか知らないが、個人的にはいい意味で意外だった。
「家族っていいよね」というのは、かなり最強の落としどころなのだが(OPの一人で空を見上げる陽一のもとに、他のキャラクターたちがやってくるところはまさにそれ)、それをいったん描いた後、再び散っていく人々と合わせて陽一の人間的成長を描いた、と言うのは丹念で良い。

一馬の過去のエピソードがあまりに突拍子もないのと(スポンサーだった建設会社のおっさんが突然、元料理人という設定が出てきたり)、彼だけがアンハッピーエンドのまま放り出されているので、エンディングあたりで説明が欲しかった。
普通に考えたら、一馬の孤独を埋めるのはコオロギ以外いないと思うが。

しげるが、陽一の母親を気遣うところや、しげるの交通事故をきっかけにみつ子も成長する描写などは、かなりしっくりきたと思う。

|

【評論】・「活動家という言葉」

現代マスコミ人批判 ・・・波瀾万丈の物語の作者や読者になるより登場人物になったほうがいいに決まっている(「人民の敵」ウェブ版)
確かにこのテキストにあるように、「活動家」が侮蔑語として使われることがある。
以前、どこかの大臣が記者を怒鳴りつけたシーンがテレビでまるまる放送されてしまった。この件に関し、「たとえどんな理不尽な質問を受けようと、テレビカメラの前で激昂した大臣の負けだ」とツイッターに書いたら、知らない人から「記者ではありません、活動家です」とリプライが来た。

いや、だから「活動家だろうが何だろうが、挑発されて乗っちゃったんだからダメでしょう」ということで、私の意見は変わらない。

「活動家」が「なんだかヤバいやつ」という意味を持つようになったのは、いつ頃からかは知らないが、悪口として使うからには、「今の社会はすでに完成されていて完璧である」という前提が必要であるはず。
悪口としてだれかを「活動家」呼ばわり(?)したい人はそこを肝に銘じておくべきだろう。

|

【評論】・「呉智英のなぞ」

このエントリの続き。

前述のとおり私は呉智英のファンで、具体的には彼のマンガ評論が好きだった。
「非実在青少年」の騒ぎのとき、彼が何かの反対集会に出てきて、「表現の自由」を守る根拠について簡単に解説していたのを覚えている。
「非実在青少年」の問題については横道にそれるが、「そういうのの矢面に立ちたくない」某評論家が陰口ばかり叩いているのを知ってうんざりしていたので、このときの呉智英についてはありがたかったと思っている。

一方で、彼の文章はおおむね同世代かすぐその下くらいの、「左翼的な心情を持った読者」に向けて書かれることが多く、その関係性での了解事項は省略され、なおかつ含みが多い文章なので、真意がはかりかねることも少なくなかった。
ここで、私の解釈として、「彼が何をやろうとしていたのか」を軽く考察してみたい。


続きを読む "【評論】・「呉智英のなぞ」"

|

【イベント】・5月19日(金)「かに三匹&新田五郎のアニメとマンガのマニアックな話をユルく語る会Vol.6」

(ブログの更新は、この下です)

まんまの超絶ゆるいイベントが好評につき第6回!!
今回からお互いに大ネタ1本の持ち込み企画も発表!!

お互いの語りたい「キーワード」を2時間かけてユルユル消化していきますww

<かに三匹キーワード>
「疲れた状態で鉄人タイガーセブンを見るともっと疲れた!」
「意外とひるね姫が面白かったがどうなんだろう?」

<新田五郎キーワード>
「ブライガーごめんなさい」
「男キャラがいないと感情移入できない」

かに三匹(大ネタ)
未定w

新田五郎(大ネタ)
「アニメや特撮を一度卒業するとき」

映像や画像も気の向くままに紹介します。

客入れ(19:00〜19:30)
「新田五郎の好きな中途半端映画を流す」

【出演】
かに三匹(これがホントの神アニメ)
新田五郎(ふぬけ共和国)

OPEN19:00/ START19:30
前売り¥1500 / 当日¥1800(共に飲食代別)

前売り予約は、下記予約フォームまで
高円寺パンディット

※「お名前 / チケットの枚数 / メールアドレス / 電話番号」をご明記ください。
お問い合わせ:090−2588−9905(担当:奥野)

|

【評論】・「呉智英は劣化したのか?」

「保守派」とオカルトや偽史との奇妙な親和的関係

呉智英へのインタビュー。この記事自体は興味深い。
この記事に関し、前にも書いたと思うのだが、うまく書けなかったのでもう一度書く。
なお、いちおうお断りしておくが私は呉智英のファンである。

続きを読む "【評論】・「呉智英は劣化したのか?」"

|

【テレビお笑い】・「今さらジュニアについて」

今さら千原ジュニアを賞賛しても仕方がないと思われるかもしれないが、やはり第一線の人は第一線の人だな、と思わされるのは、彼が「素人にムカついた話」がものすごく興味深いということだ。

覚えているだけ列挙する。


・おばちゃんに「握手して! ファンなんです!」と言われ、握手するとドヤ顔で「おにいちゃんの。」と言われた。

・ボクシング会場で、おっさんから「握手して!」と言われて握手したら、「ぜんぜんうれしそうじゃない!」と言われる。

・よく行く石垣島の地元民の若い女性で、「芸能人と仲良くすること自体が屈辱」というような、謎の対抗意識を持った人がいる。

これらについて、ジュニアは、「不快だ」ということが言いたいのではなく、「こっちがどんな反応をしたら正解なのか?」と当惑しているのだ。

これらのエピソードに共通するのは、一般人の芸能人に対する嫉妬心だ。

「なんとかして芸能人をぎゃふんと言わせてやろう」という意識がかいまみえるのである。

昔は、「芸能人が嫌いな一般人」は、わざわざ芸能人に近づいてくることはなかった。無視するか、ひどい場合は罵声を浴びせるというようなことがあったかもしれないが、とにかく態度としてはストレートだったように思う。

それが、最近の一般人は芸能人に近づくことにあまり緊張感がない。なめているとも言えるし、こじらせているとも言える。

私が「ジュニアは一流だな」と思うのは、彼が「芸能人をぎゃふんを言わせてやろう」と思っている人たちを、「絶対的に芸人に勝てない素人がイキってきて不愉快」という文脈におさめているのではない、ということだ。

それなら、ただの芸人の自慢話である(こういう人は、けっこういる)。

そうではなく、「芸能人に悪意を持って近づいてくる素人」に対して、当惑している、というふうに、中空に放り投げるから感心するのである。

そうすることで、一般人の虚無感みたいなものが浮かび上がってくる、と私は思うのだ。

|

・「うつヌケ」 田中圭一(2017、KADOKAWA)

[amazon]
文芸カドカワ、およびnoteに連載。
ふだん、あまりマンガを読まない妹も買って読んだとわざわざメールが来たから、売れているのかもしれない。
「うつ」について描いたマンガはあるが「うつを抜けた」人たちにインタビューしたというのがポイントだろう。「ツレうつ」とかもいい本だと思ってますけれども。

インタビューされた人たちの「自己流」の「治す方法」が、まあ「非・正統医療」にまで至らず、ギリギリのところで止めてあるのもポイントかな。
著者は、医者の言葉で悪化した、と言っているが、最終的には現代医療を肯定している。こういう良い意味での「ちょっと玉虫色な感じ」というのは、マンガに適しているかもしれない。

ただ、出てくる人全員「すごく仕事ができる人」なんだよね。そこが、ちょっと引っかかったけど。そりゃ好きなこと仕事にしてて、そこで肯定されれば気持ちいいよね~っていう。
「ニートだけど治りました」みたいな人が、一人欲しかった。

でも、面白い本だとは思います。

|

より以前の記事一覧