« 『昭和・平成オカルト研究読本』著者がオカルトを語る! 本の裏話を語る! | トップページ

【自作小説】時計台のみがそれを知る

小説「時計台のみがそれを知る」

約二年ぶりに書いた創作小説。

祖父からの言いつけで、三十年近く時計台のメンテナンスをやってきた中年男・山岸ユタカは、アルバイトとして雇った楠本カオリの失踪、UFO研究家のアメリカ人、ビリー・デクスターの出現などによって「時計台」の真の目的を知ってしまう。

いちおうSF作品。

短いので、すぐに読めます。

|

« 『昭和・平成オカルト研究読本』著者がオカルトを語る! 本の裏話を語る! | トップページ

小説」カテゴリの記事

創作」カテゴリの記事

UFO」カテゴリの記事