« 【イベント】・「9月1日(金)「かに三匹&新田五郎のアニメとマンガのマニアックな話をユルく語る会Vol.7」 | トップページ | 【社会全般】・「童貞。をプロデュース問題」 »

ZETSUBOU

今日は、サラリーマン時代の同僚だった、田中くんと鈴木さんの結婚パーティーだった。
それほど親しい間柄だったわけではないが、それでも数年間、苦楽をともにした仲。招待状も私のところに届いていた。
会場は、こぢんまりした洋食屋だった。地元の人にも親しまれているし、遠方からも食べに来る人がいるという。
店主の人柄に惹かれている人も多いそうだ。

「平服でお越しください」と書いてあったが、礼服で行くことにした。

洋食屋のドアを開けると、今回のパーティーの幹事とおぼしき若い女性(おそらく鈴木さんの友人だろう)と、店主が談笑をしていた。
しかし、私の顔を見るなり二人の顔から笑顔が消えた。
心なしか、幹事とおぼしき女性の方は、店主の影に隠れた。
「だれ? あんた」
店主は、じろりと私をにらんだ。よくよく考えてみれば、料理をつくるために厨房にいるはずの彼が、なぜここにいるのだろう。
「新田五郎です。今日のパーティーに出席するために来ました」
私は招待状を出した。
受け取った店主は、それをまじまじと見つめると、「ケッ」と嫌な笑みを浮かべて、それを灰皿に放り投げた。
「じゃ、おまえさんはあっち」
店主は親指で、隅の方の席をさした。ずいぶん態度が悪いなと思ったが、文句を言おうと思った幹事とおぼしき女性はもういなかった。

丸テーブルに案内される。すでにそこには三人の人物がいた。
いずれも私の知らない人物ばかりだった。

一人はやくざ風、一人はオタク風でノートパソコンから顔をあげようとしない。最後の一人は、出っ歯の老婆だった。

「おまえさん、なんでここに来たんだ」
出っ歯の老婆が言った。細長いタバコを吸っていた。
「なんでって、結婚パーティーに……」
言いかけると、やくざ風の男が低い声で肩を揺らして笑った。
「結婚パーティー? だれのだ?」
「だれって、田中くんと鈴木さんの……」
私がそう言うと、やくざ風の男、オタク風の男、老婆が一斉に笑い出した。
「田中と鈴木か……。ふうん、田中と鈴木ね」
やくざ風の男は、一人うなずいたかと思うと突然、床につっぷしてしまった。
「ありゃ、死んだな」
隣のオタク風の男が、ノートパソコンから顔を上げて言う。

どうしていいかわからずとまどっていると、老婆が急に高圧的な態度で、
「悪いことは言わないから、一万円置いていきな。そして黙って帰るんだ」
と言った。
私は納得できなかったので、「なぜですか?」と聞くと、老婆はキッとなって叫び出した。
「あたしの言うことが聞けないってのかいっ。いいから、一万円置いていくんだよッ。金のことなんか関係ねえんだよッ」

私はその声を聞いて反射的に右ストレートを、老婆の鼻づらに叩き込んでいた。
「ぶぎゃっ」
老婆はぶざまな声を出して、後ろに椅子ごとひっくり返った。

その声にいらだちを覚えた私は、おたく風の男のノートパソコンのキーボードに、左拳を叩きつけて粉砕した。
「何をするんだよッ」
おたく風の男が金切り声をあげた。あまりの高音だったので、なんだかおかしく、私は笑ってしまった。
「うるさいんだよ」
私は突っ伏したまま死んだやくざ風の男の襟首をつかんで、そのままおたく風の男に向かって投げつけた。

おたく風の男は、投げつけられたやくざ風の男を抱きしめて、傾いた椅子のバランスを取ろうとガマガエルのようにもがいた。
が、すぐにバランスを崩してひっくり返る。
やくざ風の男の下敷きになった状態だ。
私はそのやくざの背中に、近くに合った大きな木彫りの人形を叩きつけた。

そして、入り口に戻った。入り口には店主と、幹事とおぼしき女性がまだ談笑している。
私はまず、女性の方の口の中に、丸テーブルの上に置いてあったガラス製の灰皿を突っ込んだ。
その瞬間、その女性の歯はすべて折れた。
歯と血を口から飛び散らし、女性は変な声をあげたので、イライラしてその女性のベルトを掴み、思いきり遠くへ放り投げた。
遠心力によって、その女性はこじゃれた窓まで飛んでいき、ガラスに激突して動かなくなった。

店主の方は体が大きかったので、力負けすると思い、いきなり隠し持っていたガソリンをぶっかけて火をつけた。
一瞬のうちに、店主は燃えた。悲鳴をあげることもできなかった。

他に結婚パーティーの出席者はいないか探したが、だれもいなかった。
私は新郎新婦へのプレゼントに、と持ってきた小さなオルゴールを地面に叩きつけ、踏みつけて壊した。

しばらくいらだちがおさえきれず、じっとしていたが、いきなりレストランを破壊して象が二匹、入ってきた。
象の片方が言った。
「一万円、返してくれ」
もう片方の象も言った。
「もう何もかも手遅れだ」

利いた風なことを言うな、と思って私はますますイライラして、窓ガラスに叩きつけられて気絶している、幹事と思しき女性の首根っこをつかんで引っ張り上げ、左腕を掴んでぶんぶん引っ張りまわし、象たちにぶつけていった。

「痛い」
「痛い」

象が日本語をしゃべるなんて信じられないのでますますイライラして、
そのショックで私は死んでしまった。

後から地獄で聞いた話だが、田中くんは第六地獄、鈴木さんは第八地獄にいて、それぞれ、
「自分の肛門にハウスねりがらしを塗り付ける」
という苦行を強いられているそうだ。

ちなみに私は、地獄など想像上の産物だと思っているから、何も問題はなかった。

早く死にたい。
(完)

|

« 【イベント】・「9月1日(金)「かに三匹&新田五郎のアニメとマンガのマニアックな話をユルく語る会Vol.7」 | トップページ | 【社会全般】・「童貞。をプロデュース問題」 »

絶望」カテゴリの記事