« 【書籍】・「人生がときめく片づけの魔法」 近藤麻理恵(2010、サンマーク出版) | トップページ | 【映画】・「シン・ゴジラ」についての感想の感想、あるいはゴジラという「呪い」 »

【映画】・「シン・ゴジラ」

総監督・脚本・編集:庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣

かなり面白かったです。
公開されて間もないので、細かいことは書きません。
それよりも、特撮マニアならぬ私にとっての「ゴジラ」に対する心情(?)を書いておきます。

・その1
いちおう、自分はゴジラシリーズはエンターテインメントの映画として、ほとんど観ているはず(観ていないのもある)。
実は、個人的な思い入れはかなり希薄。いちおうチャンピオンまつり世代なんですけどね。

それよりも、公開のたびにネット上に吹き出す「こんなのゴジラじゃない」というファンのコメントがたいへん苦手でして。
映画を観ている最中でも、「ああ、言われちゃうんだろうなあ」と思って、「ゴジラ」という映画そのものを楽しめないんですよ。
「シン・ゴジラ」はそんな気持ちも少なかったですけどね。

まず疑問なのが、「初代ゴジラ」を絶対理想とする人たちの意見。
「初代ゴジラ」は、「ゴジラが日本に上陸していろんなものをむちゃくちゃにぶっ壊す」、あえて言えばそれだけの映画であり、付随するテーマだとか人間ドラマだとかは置いておいて、その構造は逃れえないわけです。
変化をつけることが非常にむずかしい構造に、最初からなっているわけですよね。

だから、いったいどうしたいのかがぜんぜんわからない。
「もっと違う怪獣と対決させろ!」というのならわかりますし、実現もしやすそうですけど。

それともうひとつは、時代との結びつき。
よく言われる「核を象徴している」とか「戦争の直喩である」というアレです。
それにしたって、「原爆を投下されてすぐの日本」という舞台設定から逃れえないわけで、ここも新作をつくる場合、改変がむずかしい。

だから、「ゴジラ」って根本的に「寅さん」とか「座頭市」とか「007」みたいな映画と違って、最初からシリーズ化しづらいと思うんですよね。
ということは、鑑賞して出てくる感想も、ないものねだりだったり初代原理主義的な頑迷なものにならざるを得ない。

・その2
第二に、「何がなんでも初代ゴジラというわけではないけれども、何らかの社会的メッセージはこめるべきであろう」と思っている人たちの意見。
この数日、ネットを散見して思ったのは、今までと違い、「左翼ざまあ」という意見を複数観たことです。
むろん、映画が「右よりか左よりか」で批判されることは過去にもあった。戦争映画が主にそうですね。未見ですが「反共映画」として有名な「若き勇者たち」なんていう洋画もあります。
あ、同じく未見ですが最近では「永遠の0」なんてのがありましたか。

にしてもですね、日本で右と左にわかれてひとつのエンタメ作品について、特定の意見が反映されなかったからといって「ざまあ」などと言うことは、私の経験上はなかったことです。
はっきり言って、非常に醜い。

なんでこんな「そもそも論」を書かなければならないのかわかりませんが、「日本すげー」というテーマだろうが、「日本ってダメな国だなあ」というのがテーマであろうが、それは映画の「出来不出来」とはまったく違う話です。
これは実は、作品評価の基本中の基本です。
広義の芸術作品は、道徳の教科書じゃないですから、作中で幼女が惨殺されようが、極悪な金持ちがどんどん金持ちになろうが、映画の中に何か「見るべきもの」があれば評価されねばならない、というのが(本来は)鑑賞者の了解事項だったはずです(もちろん、好き嫌いはあるでしょうけど)。

私は庵野監督、樋口監督の全作品、全インタビューを読んだわけではありませんが、彼らはまがりなりにも「オタク第一世代」ですよ。
彼らがやりたいのは「自分たちの見たい絵」を第一につくることで、政治的主張などは二の次、三の次だと考えるのが妥当でしょう。
それがわからないのは、読解力がないと言われても仕方がありません。
脚本を書いた庵野監督が、最近劇的に政治思想に「目覚めた」とかそういう可能性もないではありませんが、私はその可能性は低いと思います。

むろん、「そんな意図はない」作品をわざと誤読するのも映画鑑賞の醍醐味ではありますが、やるならもう少し上品にやっていただきたい。
繰り返しますが、上品に。

・その3
第三に、とにかく「うまい感想」、「面白い感想」を言わないと気が済まない「大喜利的勢力」(笑)。
これはどんな映画にもいるんですが、なんかねえ……もういいです(笑)。
自分も書いちゃうこと、あるんですけどね。

別に普通にネタが面白いのならいいんですが、「おれたちはゴジラになんの思想も抱いていないし、オタク第一世代の気持ち悪い思い入れもありません」みたいな態度表明にも思えてくることがある。

酒でも飲みながら、いいかげん意見が出尽くしたところでそういうバカ話を聞くのはいいですが、別にネット上ではいいです、もう。
とくに「ゴジラ」の場合は、真剣な人との振り幅が激しくて、何か状況全体が悲惨に見えます。

とりあえずネタバレなし感想を終わります。

ただ、今回思ったのは私は庵野監督の作品が自分が想像しているよりずっと好きみたいです。
90年代後半から2000年代半ばくらいまでに、庵野監督はキャラとしていじり倒されたと思うのですが、それの悪影響を受けてしまっていました。
何か彼の未見の作品も、観てみようと思っています。

|

« 【書籍】・「人生がときめく片づけの魔法」 近藤麻理恵(2010、サンマーク出版) | トップページ | 【映画】・「シン・ゴジラ」についての感想の感想、あるいはゴジラという「呪い」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

評論とは」カテゴリの記事