« ・「本秀康名作劇場」 本秀康(2003、小学館) | トップページ | 【ただ、おれの好きな顔シリーズ】・「永尾まりや」 »

・「本秀康の描く4ページ」 本秀康(2004、太田出版)

[amazon]
タイトルどおりの短編集。
カワイイ絵柄に、とっぴょうしもないオチ(ブラック成分多め)。
どれも短いだけに、「オシャレさ」がきわだっているかも。

それこそヴィレバンで平積みになっていたとしてもおかしくはなく、実際、平積みになっていただろう。
それにしても、ネットで「ヴィレバン女(なぜか女子)」が批判されているのがいまだに意味がわからん。

マンガの良さは、アーティスティックな作品だろうが、oh!透明人間だろうが同列に語れるところにある。
というより、「アートVSエンターテインメント」という対立構造がいつ頃できたかを調べるべきであって、陣営に分かれてヤイヤイやるのはバカげているよね。
と、本作と関係ない話で埋めてしまってすみません。

|

« ・「本秀康名作劇場」 本秀康(2003、小学館) | トップページ | 【ただ、おれの好きな顔シリーズ】・「永尾まりや」 »

ファンタジー」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事