« 【イベント】・「日本トンデモ本大賞2013 前月祭」 | トップページ | 【劇場版アニメ】・「聖☆おにいさん」 »

【雑記】・「女性はマスコミに踊らされてきたか」

政府、10代から「女性手帳」導入 骨太の方針で調整 何歳で妊娠? 人生設計考えて(産経ニュース)
この記事に関連して、ネットでは反発の声が強まっている。

だが一方で、男性の「これを機会に、独身女性はライフスタイルを考えた方がいい。手帳が悪いからと言って、現状の晩婚・晩産化が正しいわけではないから」という意見を読んだ。
それを書いているのは、独身のオタクの人だった。

それが少数意見なのか(たぶんそうだろうが)わからないが、あまりに違和感を感じたのでここでそのことについて書いておく。

・その1
どうも、そのツイッターでのつぶやきのニュアンスとしては、現在三十代後半から四十代の、そのつぶやいた人の知り合いの女性の多くが、「婚活を四十代からする」などと言って、人生設計についてよくわかってないから、とのことだった。

実際、「艶女(アデージョ)」などと言われ、ファッション誌に煽られたのはそこら辺の年代か。

だが「三十代以上の女性が、結婚をしないで人生を楽しむ、というライフスタイル」が提唱されたのは「艶女(アデージョ)」が最初ではない。
「クロワッサン」という雑誌がそうで、それは80年代半ばから後半くらいにかけて、「結婚して子育てや生活に追われる主婦よりも、自由な独身」みたいなライフスタイルを煽ったらしいのである。
その後、「クロワッサン」は路線変更し、90年代以降の景気の悪化にともなって、かつての「クロワッサン」信奉者はハシゴをかけてはずされた状態になったという。

この辺のことは、ウィキペディアにも書いてある。「クロワッサン症候群」という本も出たくらいである。
つまり、今に始まったことではないのだ。

・その2
そもそも、「女性が産まなくなった」のは、女性がワカッテナイからなのだろうか?
私は、少子化の原因については知らないが、ライフスタイルについてはわかる。
女性が独身も人生のひとつの選択肢、と考えた時代には、男だって似たように考えていたのである。

まず、「ダブルインカムノーキッズ」と言われた「結婚はするが子どもはつくらない」夫婦が、80年代に出てくる。
そりゃ、子どもはつくらない方が夫婦は自由ではあるだろう。
だが、自由を追求したら、結婚だってしなくていいことになる。
というわけで、80年代後半から90年代初頭くらいまでに、男女の結婚観は変わってきている、と私は考えている。
その根底には「個人主義」、「個人的な生活」の希求があった。

異論があるかもしれないが、少なくとも第二世代以降のオタク趣味とは、「独身の趣味」だと私は考えている。
第一世代のオタクは、高学歴高収入の人か、オタク業界の人が多かった印象だ。
それ以降すそ野が広がっていくと、当然、「オタク趣味を維持していくのがむずかしい環境になりうるのにオタク」という人たちも現れてくる。
そうなったら、「オタクでいるために独身でいる男」がいてもおかしくないのである。

だから、基本的に第二世代以降の独身の男オタクは、「子どもを産まないライフスタイルを選んだ女性」を非難することなど、できはしない。自分だって、似たような道を歩んできたわけだから。

・その3
これまた80年代、セックスや避妊方法などの記事で売り上げを伸ばした少女雑誌が国会でやり玉にあげられたこともあった。
「少女たちは早く処女を捨てろ、捨てろとマスコミに煽られ、それで得をするのは一部の男たちだけだ」
という意見も読んだ。

だが、それらは物事の半分しか観ていない。

女性が生涯のパートナーとして男を選ぶ場合、セックスについて知らないより知っている方が、普通は有利だと考えないだろうか?
処女がありがたがられるのは、男性がセックスを「秘儀」化してアドバンテージを握れる(本当にそうかは知らないが、そういう幻想がある)からだろう。
どこだかの国で、女性に学問を教えないことの延長線上に、「女性は結婚するまでに処女でなければならない」という男性側の考えがあるように、私には思える。

さらに言えば、「では男性はだれからセックスを教わるのか」という問題があり、それは当然、女性である。
ある時代には、それは娼婦によって、だったかもしれない。
とすると、

・処女としての価値を保持される女性
・男性に金でセックスの快楽を与える女性

この二つが、男性にとって都合よく使い分けられていることになる。

だから、「若い女性が安易にセックスすることは、結果的に男に搾取されることになる」
という考えは、あまりに狭くて検討に値しない、と私は思っている。

|

« 【イベント】・「日本トンデモ本大賞2013 前月祭」 | トップページ | 【劇場版アニメ】・「聖☆おにいさん」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会全般」カテゴリの記事

評論とは」カテゴリの記事