« ・「M8 勇気ある決断」 原作:高嶋哲夫、作画:平松伸二(2005、集英社) | トップページ | ・「浜田幸一物語」 原作:中大輔、作画:木村シュウジ(2010、竹書房) »

・「えびはら武司傑作集 マイコうそみたい」全1巻 えびはら武司(1982、学研)

[amazon]
文字どおりの短編集。作者は「まいっちんぐマチコ先生」の人。
今でも「まいっちんぐ!」という言葉が使われるほどのヒット作だった、ちょいエロ少年ギャグマンガ「まいっちんぐマチコ先生」。80年代前半の作品で、すでに30年も経つというから驚きだ。
今でもこの作品、ちょいちょい読み切りが描かれたりVシネマ化されたりする理由は、実は私にはよくわからない。
リアルタイムで私はすでに中学生になっており、永井豪や吾妻ひでおの「ふたりと5人」の洗礼を受けてしまっていた。そんな自分には「マチコ先生」は少々ヌルく感じられたものだった。

だが、今考えるとその「ヌルさ」が現在まで人々の(とくに第二次ベビーブーム世代の)記憶に残っている理由かもしれない。「少年向けのちょっとエッチなマンガ」全盛の80年代、ちょうど空席だった立ち位置なのかも。

この短編集も、「マチコ先生」とまあ同工異曲な感じだが、あらためて読むと藤子不二雄のアシスタントだったという作者は、やはり当時としてはオールドスクールの「ギャグマンガ家」だったと言える。コマ割りがキッチリしていて、ギャグも過激なものもあるが、基本的にはストンと最後にはおさまる。
ギャグマンガ史的に言えば、本作品集よりちょっと前の「ど根性ガエル」の吉沢やすみも、オールドスクールなギャグマンガ家だった。義理と人情と勘違いから生まれたりするギャグ。

70年代~80年代のギャグマンガと言えば、藤子不二雄を除けば過激で残酷でスラップスティックなものが主流だったが、そうではないものもあり、人気があったことは、覚えておいてもいい。

|

« ・「M8 勇気ある決断」 原作:高嶋哲夫、作画:平松伸二(2005、集英社) | トップページ | ・「浜田幸一物語」 原作:中大輔、作画:木村シュウジ(2010、竹書房) »

80年代」カテゴリの記事

エロ」カテゴリの記事

ギャグマンガ」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事