« 【雑記】・「インテリワンフレーズギャグの時代は、とっくの昔に終わった」 | トップページ | 【イベント】・「イラスト・トーク・コメディライブ『マガジンRJ』vol.4」 »

【雑記】・「ガラスの心」

早朝でイライラしているので、私にとってイヤな話を書きます。
でもあなたにとっては、他人事で楽しい話かもしれない。
それとも、イヤな話でもなんでもないかもしれない。

・その1
私はお笑いはけっこう好きだが、寄席にはほとんど言ったことがない。
まず、システムがわからない。
一日中やってますよね?
途中から入っていいの?
出ていいの?

……わからない。
ネットで調べれば、わかるんですかね。

以前、何かの問い合わせで寄席に電話をかけたことがある。
ところが、それが隣接していて、経営者も同じかと思ったら、どうもまったく違うところのようだった。
で、「ここはあそこと違うよ、間違いだよ」というもの言いが、すごく乱暴だったので驚いた。
「それで客商売か」と思った。

ちなみに、私は東京生まれなので、「江戸っ子の口調を乱暴だと勘違いした」とか、そういうのではありません。
単なる、失礼な口調。

私は、こういうことはいつまでもいつまでも執念深く覚えている。
おれが、日本の独裁者になったら、電話に出たのがだれだか割りだして(かなり年配の人だった)、ひもなしバンジーをさせてやりたいと思う。

逆に、好印象の応対もある。
UFO研究家の故・荒井欣一に電話をかけたときのことだ。もう10年以上前の話になる。
私が知らない有名人に声をかけることなどほとんどないし、当時はUFOマニアでも何でもなかった。
だが、東スポに荒井氏がつくったという「UFO博物館」の記事が載っており、電話番号が掲載されていたので、行きたいと思って電話をしたのだ。
そうしたら、おそらく荒井氏本人が電話に出られ、「新聞に載っちゃったから予約が殺到して、しばらくお断りしている」旨が伝えられた。
いかにも近所の気のいいおじさん、という感じで、非常に好感を持った。人見知りの私が電話だけで好感を持つなんて、珍しいことだった。

・その2
疲れた。その2は中止。

|

« 【雑記】・「インテリワンフレーズギャグの時代は、とっくの昔に終わった」 | トップページ | 【イベント】・「イラスト・トーク・コメディライブ『マガジンRJ』vol.4」 »

お笑い」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

評論とは」カテゴリの記事