« ・【イベント】・「アニメの事が分からない40代オヤジに最近のアニメについて教えて!」 | トップページ | 【雑記】・「だから『あやまんJAPAN』はすごいんだって!!」 »

【テレビアニメ】・「急いで書いた『輪るピングドラム』感想」

やっと、年末年始に録画を溜めていた「輪るピングドラム」をすべて観終わえることができた。
以下は、急いで書いた感想である。
急いでいるので、間違っているかもしれない。
しかし、観終わってネットなどであまり調べないで(多少は調べたけど)書く最初の感想というのも、残しておいてもいいんじゃないかと思う。

というわけで、私が感じたことを書く。
ちなみに、ネタばれありです。

・その1
ネット上では、冠葉、晶馬、陽毬、苹果などの運命の流れを詳細に解説しているところがあり、とてもありがたいのだけれども、個々の関係は複雑なのでひとまず置いておく。
ただ急いで書く場合に言えるのは、この物語は「運命が輪る」ということ、その関係性そのものに意味がある、ということだ。
だから、細かい個々の関係性はひとまずどうでもいいいとすら言える。

ただ、ほぼ同時代を生きる主要登場人物たちと、その親たちとのギャップは強調される。
登場する少年少女たち(桃果を除く)が、親の代の価値観の影響を受けている。

しかし、これをドロドロとした「血の問題」に帰結させず、かぎりなくミームに近いものとして描いたのがイマドキ風である。しかも、それは単に都市生活者のおしゃれ感覚から来るものではない。
なぜなら、過去からの「影響」は、だれとも血のつながりのない渡瀬眞悧から発せられるものだからだ。

眞悧の存在は「呪い」だと言われる。眞悧は、ぶっちゃけてしまえば復讐心と理念、イデオロギーが混然となった存在である。彼が、実体を持たないにも関わらず現在に影響を与えることができるのはそのためだ。

そして、晶馬が苹果に感じる「罪」とは、「親が起こした事件で苹果の姉が死んだ」ということだけではなく、自分たちもその理念の延長線上にある存在だ、というところから来ている。
「親の罪を子供が背負う」以上の重いものを、彼は背負っている。

・その2
一方で、桃果という存在がいる。彼女は「運命を乗り変える」ことができる。しかし、それには身体が炎で焼かれるという代償を伴う。
また、それだけでなくても他の子供たちに心理的影響を与えた人物でもある。
なぜ彼女がそのような能力を持てるのか、作中には説明がないが、個人的には「命を賭けて善きものに向かってゆく、清廉なる決断力」とでも言うべきもののメタファーなのではないかと思う。
本当にそんなものが過去にあったかどうかは、わからない。だが、個々人の中に確実に影響をおよぼしている過去の「何か」。

しかし、その絶大な能力は95年の地下鉄の事件の際、眞悧との戦いで痛み分けとなり、生きている者たちにとっては使う方法がわからなくなる。
いわば「失われた、過去の力」である。

「かつては偉大な能力を持った聖人がいたが、その力はいまでは少ししか及ばない」というのは、「ウテナ」でもあった設定だと思う。

しかし、桃果の力は完全に失われていたわけではない。
まず最初に、苹果によって「桃果の日記に書かれていることの成就」という、間違った方法に桃果の日記は用いられる。
だが、やがて苹果は自分の「運命」の解釈の間違いに気づく。
そして、その後「桃果の日記」は、より物語の核心にからむかたちのマクガフィンとしての役割を担ってゆく。

・その3
眞悧自身が「日記」に触れられない理由としては、95年の桃果との「戦い」の影響が日記に残っているとか、彼自身が実体がない、というファンタジー的な解釈よりも、「ピングドラム(隣人愛の象徴)」とは何かを知る者には、眞悧自身の「呪い」が及ばないからだ、と自分は解釈している。

眞悧や冠葉は、現実世界の不公平や不条理をただす、その外側から出るためには破壊が必要だと考えている。
一方、桃果はそうは考えていない。「運命」は乗り変えられる。その代わり、自身はひどく傷つくことになる。

桃果のやっていることは「自己犠牲」であり、眞悧のやっていることは他者の生命をおびやかす「テロリズム」である。
こうした対比は、「まど☆マギ」でもなされていて、日常を平和に生きる人にとっては、最もしっくりくるおとしどころなのではないかと思う。

・その4
この物語の先を行くには、眞悧の「呪い」とは何かの詳細な検討が必要である。
なぜなら、彼らは自分たちが「悪いこと」をやっているとはまったく思っていないから、ということがひとつ。
それともうひとつは、眞悧の「力」よりも、桃果の「運命を乗り変える」という能力が、ひどく曖昧に描かれているということ。

それが何を意味するか?

は、教えてあげない。

|

« ・【イベント】・「アニメの事が分からない40代オヤジに最近のアニメについて教えて!」 | トップページ | 【雑記】・「だから『あやまんJAPAN』はすごいんだって!!」 »

アニメ」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

評論とは」カテゴリの記事