« ・「ドストエフスキーの犬」 ジョージ秋山(2010、青林工芸舎) | トップページ | 【アニメ映画】・「星を追う子ども」 »

【映画】・「これでいいのだ!! 映画赤塚不二夫」

1967年頃。小学館に入社した武田(堀北真希)は、入社式でイヤミのコスプレで新入社員たちに「シェー」を強要した赤塚をグーで殴ってしまい、それがもとで希望の少女コミックではなく少年サンデーに配属、赤塚の担当にさせられる。
「バカになる」ことを至上の価値とする赤塚と、彼に振りまわされる武田記者(堀北)を中心に巻き起こるドタバタコメディ(らしい)。

結論。マイナス1おくてん。

ネットで検索すると「赤塚不二夫のギャグを実写でやってみよう」というコンセプトらしい。最初から無理だって!!
これほど「伝記映画」のツボをはずした映画はめずらしい(冒頭に「フィクション」とうたってはいるが)。せめて、観客の希望を観たしてから、やりたいことをやってほしい。

まず、「バカになれ!」という赤塚とフジオ・プロの面々の悪ふざけが、まったく面白くない。
次に、彼らの悪ふざけをパンキッシュな行為だとしてきわだたせるための、「マジメな人物」がほとんど出てこない。
赤塚が「ふだんはふざけていても、マンガは面白い」とか「締切ギリギリでも原稿はあげてくる」という描写がないため、彼が何のためにバカをやっているのかまったくわからない。
堀北も、赤塚に次第に心を開いていく、という流れなのだが、赤塚のマンガ家としての才能が描かれず、堀北の編集者としての手腕も描かれないため、ひたすらつまらないコントをやらされているかわいそうな少女にしか見えない。

時代性との関連がまったくない。また、赤塚の人物史的なものも非常におざなり。幼少時代、満州にいたことはすべてセリフで説明される。
赤塚役の浅野忠信は非常にがんばっていたが、これではがんばり損である。

ネットで検索して、やっと後半の「旅館で機動隊や過激派も交えた大立ち回り」という展開が「赤塚が描いたマンガの展開を実写にした」ものだとわかるが、現実世界に戻ってからも爆弾が爆発したり、曖昧にしているためただ観ていてポカンとするだけである。

堀北は一度、少女コミックで当初憧れていた少女マンガ家の担当になるが、このマンガ家もふだんからドレスみたいなのを着て少女マンガ風に生活してるというおかしな設定なので、堀北は赤塚だろうとこの先生だろうとどっちみちエキセントリックな人に取り囲まれているように見えてしまい、メリハリがない。
ついでに言うなら編集長とその腰ぎんちゃくもギャグっぽく描かれており、メリハリがない。

酒乱の堀北が赤塚とフジオ・プロの面々のケツをSMの女王様よろしくしばき回るシーンがあるが、他の客にベルトを差し出させ、なぜかいちばん細い女性用のベルトを手に取る。ここは男ものじゃないと面白くないでしょ!!

……とまあ、不満をあげたらキリがないのだが、いちばん気になったのはおそらく君塚良一の脚本の根本的な部分、「ふだんからバカなことをやっている人間の方が面白い」というテーゼにある。本当にそう思っている人もいるのかもしれないが、私個人は気になった。

世の中が混沌としていた60~70年代ならいざ知らず、本作に出てくる「同調圧力的な悪ふざけ」は、一般のサラリーマンでも多く経験しているだろう。上司から「バカになれ」と言われている人もいるかもしれない。

現代は芸人がふざけることも「カッコいいこと」とされる時代である。よくおばさんが芸人をほめるとき、「あの人ぜったい頭いいわー」などと言うのは、「芸人(ギャグをやる人)は本当のバカではできない」というコンセンサスが、おばちゃんレベルでもできあがっているということである。学校の先生が「おまえはバカだから芸人になれ」と冗談を言っていた時代と今とは、まったく違う。

本作が徹頭徹尾不快なのは、赤塚とフジオ・プロの「バカ」がいかに常識から離れるか、ということにあるのではなく、ただひたすらに純粋で天才である赤塚の、本当に創作の役に立っているかどうかもわからないわがままに、一介のサラリーマン(サラリーウーマン)である堀北が振りまわされ続ける、というふうにしか見えないからである。

君塚良一は、以前、欽ちゃんのインタビューを読んだら弟子時代に相当イジメられたらしく、また欽ちゃん周辺もそういう雰囲気のコミュニティだったらしいのだが、少なくとも個人主義の進んだ現代の若者には理解不能だろう。

そういう押しつけがましさも感じて、観ている間イライラしっぱなしであった。

|

« ・「ドストエフスキーの犬」 ジョージ秋山(2010、青林工芸舎) | トップページ | 【アニメ映画】・「星を追う子ども」 »

マンガにまつわる雑記」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事