« 【雑記】・「定点雑記20110405」 | トップページ | 【雑記】・「定点雑記20110410」 »

・追記

前のエントリの一文について、自分で追記。

反原発運動に関し、「なぜ他の社会問題とコミで語られるのか? 原発だけ反対じゃダメなのか?」という意見があった。こうした「特定の問題解決のためだけに社会運動をする」というムーヴメントは、戦後日本では80年代後半くらいから始まってむしろ歴史的には新しい。それまでは、社会問題は包含的に語られる方が普通だった。

より正確に言うなら、パッと思いつくかぎり組合運動や、教科書にも載っていた「足尾銅山鉱毒反対運動」などが、大きな世界観にとらわれない運動として思い出される。

ただし、やはり「特定の世界観のもとに、社会の諸問題を包含的に語る」という行為は良かれ悪しかれあまりに重要なので、そこら辺の差異はだれもがおさえておいた方がいいとは思う。

|

« 【雑記】・「定点雑記20110405」 | トップページ | 【雑記】・「定点雑記20110410」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会全般」カテゴリの記事

評論とは」カテゴリの記事