« 【定点雑記】・「20110425」 | トップページ | ・「オバケのQ太郎」(10) 藤子不二雄(2011、小学館) »

・「オバケのQ太郎」(9) 藤子不二雄(2011、小学館)

[amazon]
この巻では、小学四年生、小学館コミックス、小学館ブック掲載の「オバケのQ太郎」が掲載。
四年生レベルともなると、ほとんど大人が楽しめる藤子マンガと変わらない。
なかでも「原子力うらない」が、時代を反映していて面白い。

増刊号の広告などが載っていてかわいい(おそらく、この当時は雑誌の連載マンガを単行本化するというビジネスはまだ確立されていなかった。オバQの最初の単行本も、虫プロから出たはずだし)。

8巻の感想

|

« 【定点雑記】・「20110425」 | トップページ | ・「オバケのQ太郎」(10) 藤子不二雄(2011、小学館) »

ギャグマンガ」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事