« 【ポエム】・「おれはまだ、おまえを飼育係と認めたわけじゃないからな!!」 | トップページ | ・「ホステスNo.1」全3巻 原作:松田康志、京野一郎、作画:郷力也(1998~1999、文芸春秋) »

・「優と勇」 全5巻 国友やすゆき(1985~86、秋田書店)

[amazon]
80年代半ば頃、月刊少年チャンピオン連載。
17歳の姉・森見優と、その双子の弟、勇、そして二人を取り巻く友人たちを描いた青春コメディ。

まず意外なのが、最初に優は高校をやめてしまう。そしてイラストレーターの道に。
高校をドロップアウトしたものの、勇がまだ通っていることもあって、その頃の友人たちがよく出てくる。同時代では学園を閉鎖されたユートピアととらえた作品が多い中、こういうのは珍しい。

内容は、毎回他愛のないドタバタ。
ただし、絵柄、構図、ギャグの感じがものすごく江口寿史タッチ。
というか、「明るくて元気で、常に前向きで、茶目っ気もあって」という優のキャラクターはまんま「ひばりくん」そのもの。
つまり、優が「女性化したひばりくん(!?)」だと考えると理解しやすいだろう。

あまりにも引っかかりのない作品だが、それゆえに優の家がバイク屋だったり(当時、バイクがすごく流行っていた)、イラストレーターを目指したり(広告の世界もあこがれの的だった)、といった要素に時代性をひしひしと感じるのであった。

|

« 【ポエム】・「おれはまだ、おまえを飼育係と認めたわけじゃないからな!!」 | トップページ | ・「ホステスNo.1」全3巻 原作:松田康志、京野一郎、作画:郷力也(1998~1999、文芸春秋) »

80年代」カテゴリの記事

コメディ、ギャグ」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事

ラブストーリー」カテゴリの記事