« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

【ポエム】・「落ちただけだった カッコつけて!」

ディス イズ ア ペン!

ニッポ ニア ニッポン!

おな かが すいたから ラーメン おごって くれまいか

バラライカ

カーテンを とりはずし マント代わりにして 屋上の柵を蹴った

宙を飛んだ僕

しかし、飛んでいなかった 落ちただけだった カッコつけて!(「トイ・ストーリー」に出てきたセリフ)

後はなにも おぼえていない

ただカレーを食うと ラモスになることだけは 忘れない

|

【イベント】・「コミティア92」

5月4日(火・祝)
東京ビッグサイト 東1・2ホール

WAIWAIスタジオ
い03b

できれば小説めいたものが出せればいいなと。
あくまで「できれば」ですが。

|

【ポエム】・「WOO WOO 時には起こせよウォーズメン」

ビババンバ美場です。
図書館で、美少女の図書委員と同じ本を取ろうとして手が触れてしまい、彼女が殺人ウィルスに感染していたのでボクは死にました。

彼女は、なんと生きています(荒木飛呂彦の「変人偏屈列伝」の「腸チフスのメアリー」的なアレで)。

それにしても、「腸チフスのメアリー」は超人的なド名作だと思う。
みんな読もう。

~戸田がつき 田端がこねし天下餅 座りしままに 食らう友畠~

ビババンバ美場です。
現在、受験勉強しています。

もちろん、ハレンチ学園(比較的若い世代にとっては、パラダイス学園)に入学するための試験勉強です。

問題1 「今日、あの子のはいているパンツの色は何色か?」

こたえ:透明ランナー

これで合格間違いなし!!

うかれ気分で ロックンロール

ふざけ気分で 佐渡おけさ

|

【ポエム】・「偉くなくとも、偉いのさ」

代官山の服屋をのぞいた帰りに、イモキントリオのレコードを買いました。

「いつまでも、こんな時が続くといいネ……!」
ガールフレンドの南ちゃんは、手をつないで言いました。

ボクは泣いていました。
顔は笑い顔なのに、涙だけが流れていました。

それは、「こんなこと、長くは続かない」という確信が、
ボクの心の中にわきあがってきたからです。

事実、数年後、南ちゃんは東京の女子大に行くために引っ越しました。

ボクは、ビンにとってを付ける仕事をしています。

ビンにとってを付けて、それを割る仕事です。

何の意味もありません。

ただこれだけは、言えます。

「偉くなくとも、正しく生きる!!」

|

【ポエム】・「ういろうを 足にはいて スケート気分」

今や、若者は携帯電話やインターネットに頼りきり、
人と人とのふれあいが失われている気がします。
今こそ、人間同士のふれあい、いや「ふれ愛」を取り戻すべきではないでしょうか。

環境問題についてもそうです。
みなさん、マイ箸を持っていますか?
エコバッグでスーパーに行ってますか?
地球があぶないんです。
今、地球がとてもあぶないんです。

隣の家の人が何をやっているかもわからない地域なんて、おかしいと思いませんか?
気軽に塩や醤油の貸し借りができた時代、そんな頃に我々は戻るべきではないのでしょうか?

ところで。
洋ピンの傑作「ハードコア・スペシャルセックス・トゥ・ヘル・フロム・ラーゲ・アンド・デストロイ」をご覧になったでしょうか?
マルキド・サドの「ソドムなんとかかんとか」を原作に、(以後三時間熱弁)

……人間は、人とと人とのふれ愛を大切にすべきだとコンピューターが言っていました。

時計の針が1秒間、動く、その瞬間をみきわめる。
それが新世代への第一歩です。

ういろうを、足にはいてスケート気分……。

|

【ポエム】・「定年で やることのない オヤジかな」

わしは、日本を影であやつってきた。

実は総理を決めいているのはわしだ。
自民党にもそろそろ飽きたから、民主党に花を持たせてやったんじゃ。
オバマは、スポーツ刈りがイカスから大統領にしてやった。

走って汗をかいたら地球温暖化が始まってしまった。
オシッコしたら、それがたまって琵琶湖になった。

桜島を枕に寝っ転がって、足が北海道までとどいてしまった。

おっと、いつの間にか「大物」をアピールするつもりが、体の大きさばかりをアピールするようになってしまったわい。

ところで、走りながら携帯電話かけてる男は全員死刑。
女は、全員新島に閉じ込める。

|

【イベント】・「面白漫画倶楽部別冊 オタクと秋葉原〜アキバって死んだ?!〜」

「面白漫画倶楽部別冊 オタクと秋葉原〜アキバって死んだ?!〜」

2010年4月18日(日曜日)昼の部@ネイキッドロフト

2000年代中盤の秋葉原ブームからはや幾年、アキバは死んだのか?!

ブーム経過後ゆっくりと秋葉原とオタクの関係について考えてみたい・・・。

そんな想いから秋葉原の過去・未来・現在に焦点を当てたスピンアウトイベントとして【面白漫画倶楽部】を開催します。

豪華ゲストを加え、秋葉原とオタクの様々な話題について秋葉原への思いを込めたトークを展開します。「俺たちの考える秋葉原」とは? 今こそ、秋葉原に届け、熱い思い!
(秋葉原とオタクに関する漫画の紹介もあるよ!)

【出演】

かずやん(くぬぎやま通信社主宰、アキバ暮らしを楽しむ本)、

天野年朗(萌え理論主宰)、

白田秀彰(ロージナ茶会総統)、

新田五郎(ふぬけ共和国)、

稀見理都(えろまんがけんきゅう)、

かに三匹、他豪華ゲスト交渉中

OPEN 12:00 / START 12:30

料金予約¥1500 / 当日¥1600 (飲食別)

※ご予約はネイキッドロフト店頭電話にて受付致します。
16:30〜24:00(03-3205-1556)

http://www.loft-prj.co.jp/naked/

|

・「ぷるるんワンダーランド」 ながしま超助(2009、日本文芸社)

Pururunw
[amazon]
毎回いろんなシチュエーションで巨乳の女の子が出てきて、超バカバカしいシチュエーションでオッパイ三昧のオムニバス。しかし決してあきれることなかれ。
これほど巨乳愛に満ちたラブ&ピースな作品を自分は読んだことがない!!

だからみんな、読め!!!!!


|

【雑記】・「twitterについて」

私もtwitterをはじめましたので、興味のある方はフォローでもしてください。

新田五郎ハッシュタグ用

「ハッシュタグ用」というのは、最初に取ったアカウントではなぜかハッシュタグを付けたつぶやきが反映されないため、仕方なくもう1個アカウントを取ったからです。
やはりどうしてもハッシュタグが必要なときがあるので。

トンデモ本大賞のアカウント
トンデモ本大賞のアカウント。6月に向けて少しずつ情報をつぶやいていくそうなので、興味のある方は是非。

twitterそのものに関しては……以下に漠然とした感想を。

続きを読む "【雑記】・「twitterについて」"

|

【重要】・「イベント延期のお知らせ」

2010年4月24日(土)に開催を予定しておりました「新田五郎のぶっとびマンガ大作戦・出張版第4回~『オヤジマンガ百花繚乱!!』」ですが、事情により延期させていただくこととなりました。

大変ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。

イベント自体は、しばたさんとも話して引き続きやる方向で検討しております。
新たな開催日が決定致しましたら、また告知させて頂きます。

|

・「SHOP自分」全6巻 柳沢きみお(1999~2001、小学館)

Shopzibun01
ビッグコミックスピリッツ連載。
29歳の野々島直人(通称チョク)は恋人にふられ、務めていた会社も倒産してしまう。
自暴自棄になってしまったチョクは、ふとしたきっかけで「SHOP自分」という、格安の家賃で1階が店、2階を住居として使える建物に出会う。
そこではさまざまな人々が、ギターショップ、陶芸、アクセサリー、無農薬野菜、ガラス工芸の店などを経営していた。
サラリーマン生活に見切りをつけたチョクは、SHOP自分の店舗をひとつ借り、古着屋を始めることになる。

続きを読む "・「SHOP自分」全6巻 柳沢きみお(1999~2001、小学館)"

|

【書籍】・「動物化する世界の中で」 東浩紀、笠井潔(2003、集英社新書)

[amazon]
ウェブ上で取り交わされた往復書簡の書籍化。

もうはや5年以上前の本だが、ここで語られている諸問題は現在でも問題であり続けていることではある。

ネットで感想を少しあさってみたが、途中でキレてみせた東浩紀をほめる声が多いのかな。
でも、私にとってはものすごくつまらない本だった。

続きを読む "【書籍】・「動物化する世界の中で」 東浩紀、笠井潔(2003、集英社新書)"

|

【雑記】・「自分の立ち位置再確認・その2」

前回の続き

80年代後半以前、すなわち私自身が学生時代何を考えていたかというと、やっぱり昔からエンターテインメントが好きで、エンターテインメントというのは大衆に開かれたものだから、一種の大衆論についてだった。

続きを読む "【雑記】・「自分の立ち位置再確認・その2」"

|

【雑記】・「年度初めなので、また立ち位置を確認しよう」

最近考えるのは80年代後半から96年頃までの約7年間のことで、自分にとってはあそこが分岐点だったな、と思う。
繰り返し書いていることだが、時間が経つごとに現在から見る過去も変質していく。
だから、同じ(ような)ことをまた書くことにする。

続きを読む "【雑記】・「年度初めなので、また立ち位置を確認しよう」"

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »