« 【イベント】・「コミティア91」 | トップページ | 【雑記】・「小姑根性」 »

【お笑い】・「鳥居の屈託を勝手に妄想」

鳥居みゆき 「花粉鼻でブロック」30秒CMフマキラー 『ヘアメイク』

この間の「イロモネア」の「ピンモネア」で、女性芸人たち(一人は「響」の太った方の男性)がバレンタインデーを題材にボケるという企画をやっていた。
あれ、すべてがバレンタインネタじゃなかったな。とにかく、響の太った方も女性としてやってたから「女」をテーマにしたお題が多かった。
その中に鳥居みゆきもいたんだけど、なんだかハラハラした。

というのは、たぶん鳥居みゆきは、「バレンタインデーに好きな人にチョコをあげたい乙女心」とか「ものすごく散らかっている部屋にだれかがやってきてパニックになる」といった、「女性の女性的であるべきとされる部分」でのボケはぜったいはずしてくると思ったから。

・その1
そうしたら最後まで残った鳥居は、けっきょくラストの「婚約記者会見」のときにはさすがに「婚約」をネタにしたボケをしていたが、それ以外はすべて、予想どおり「女っぽさ」以外の部分でボケていた。

いや、もともと鳥居はこの「ピンモネア」では、他のときにもスタートダッシュというか最初のひと言、行動で笑いをとってクリアしてしまうケースが多いのは知ってます。
だから、今回も単にテーマにそったボケをする前に、早い時間でクリアしてしまったからそう感じるんだろう、と思う人もいるかもしれないが、私はそうは思わない。

鳥居は「女っぽく観られること」に、複雑な感情を抱いている女性に違いない、と自分は思っている。

もともと、この人はグラビアとお笑いを両輪でやってきた人らしい。この人の水着グラビアを、観たことがある。
リンクしたCMなどのほかにも、「実はかわいい、実はキレイ」という、メイクの変化やコスプレによる「変身」は何度かテレビで披露している。

もとからキレイなのは「マサコ」のネタをやっているときでも、
杉本彩の「花と蛇」を銀座シネパトスにわざわざ見に行くような、作業着を着て身長160センチくらいで小太り、五十代独身の暗い目をした男たち(私含む)はみんなわかっていたわけで、
そのような男たちの視線に、自分を「女」として観る視線に彼女はアンビバレンツな気持ちを持ってきたに違いない。

そりゃー「キレイ」、「かわいい」と言われて悪い気のしない女性はいないだろうが、同時に「そのようにしか見られていない」という屈託が生じることもあるだろう。
そういうことに対してどうふるまっていくかは、美人で能力ある女性共通の悩みであると思うが、鳥居は「狂人キャラ」でかわそうとしてんじゃねえかな、って私は思っている。

これが完全に「ブスキャラを全面に出しました」とか、その逆で「自分が美人であるということを当然のようにふるまう」というのならこちらもとくに何も感じないし、友近やいとうあさこみたいな「中間領域」の女芸人もたくさん存在するが、どうも鳥居の「女と見られることに対する複雑さ」は、こちらをほんの少し、ざわざわさせる。

どうしてかというと、こういうタイプの人ってベタなほめ言葉がほめ言葉にならないことがあるから。
別に一生鳥居みゆきとは会わないとは思うけど、そういうことに気を遣うんですよ私も。

・その2
完全に同じではないが、微妙に近いのが「ハリセンボン」のはるか。

はるかは、もともと自分自身がベタなブスキャラを演じることの安定性を自覚しているため、普通に「ブスなのに自信満々」みたいなキャラクターを演じてもいるのだが、
以前、なんかのライブで「どういう女性がきれいでかっこよく見えるか?」みたいな話題になった。
で、「どういうテレビ番組を見ていればいい女か?」ってときに、春菜はわりと「乙女」なことを言ってた。春菜が「乙女」かどうかは知らないが、自分がそういうことを言えばそのギャップが笑いにつながることは自覚しているだろう。
そしたらはるかが、「日本経済に興味がある女性がかっこいいですよ。『ガイアの夜明け』なんかはどうですか?」って言ったんだよね。

もちろん、春菜のコメントとの差別化もあったんだろうけど、他のコメントとも照らし合わせても、はるかはそういう人なんだと思うんですよ。「花より男子」と「ガイアの夜明け」が同時間帯にやっていたら、「ガイアの夜明け」を観る人。
ほめたつもりで、あるいはくどこうとして「意外に女っぽいんだね」とか「本当はかわいいんだね」とか言ったら、ムカッとするタイプだと思います。
むろんそれが悪いとかではぜんぜんなくて。

お笑い的に言えば、よくお笑いコンビの関係性としてどちらかのアナーキーさをどちらかが制御してる、ってのがあるけど、はるかの女性としての屈託は、彼女が一般的な「美人」でないだけに余計に理解されにくいはず。
だから、春菜の「ブスなのに乙女」っていうキャラが、わかりやすさとして機能していると思うんだよね。

鳥居の話に戻ると、もともとこの人は「レズの女と同居していて、金をもらってエロいことしてる」とか、こちらがどう反応していいかわからないことを言いまくっていた。
でもそこには「女なら彼氏がいるはずだ、欲しがっているはずだ」とか、そういうベタな反応をすべて腹の底でくだらないと思っていて、ぜんぶかわしたい、でもキレイって言われたら悪い気はしないし、みたいな感情がぜったいあると思うんだ。

だから何だ、ってわけじゃないけど、あると思う、って話。

|

« 【イベント】・「コミティア91」 | トップページ | 【雑記】・「小姑根性」 »

お笑い」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

評論とは」カテゴリの記事