« ・「オバケのQ太郎」(3) 藤子・F・不二雄大全集(2009、小学館) | トップページ | ・「テルマエ・ロマエ」(1) ヤマザキマリ(2009、エンターブレイン) »

・「メビウスジャンパー」(1)~(2) 小野寺浩二(2009、メディアファクトリー)

Mebiusu01
[amazon]
めがねっ娘大好きなめがね萌えの南雲博士が、タイムマシンを発明してめがねの歴史を見ていく。

小野寺浩二は一発ネタで一点突破するのがすごくうまい(本作の場合は「めがね」)。それと、どんなに萌えだの二次元大好きだの描いても、どこかにつきぬけた清涼感がある。

たとえば、顕微鏡の発明者として名前だけしか漠然と知られていないレーウェンフックや、マルチな才能を発揮したわりには日本での知名度がいまひとつのロジャー・ベーコンがとても活き活きと描かれているのだった。
そういうところが、好きだ。

|

« ・「オバケのQ太郎」(3) 藤子・F・不二雄大全集(2009、小学館) | トップページ | ・「テルマエ・ロマエ」(1) ヤマザキマリ(2009、エンターブレイン) »

ギャグマンガ」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事