« 【雑記】・「『sabra』来年3月号で休刊」で考えたこと(というのは少々看板に偽りありだが)」 | トップページ | ・「原始少年リュウ」全3巻 石森章太郎(1972~1973、秋田書店) »

【ポエム】・「こんな時代だからこそ、みよし鉄生やでぇー!!の巻」

こんにちは、プードル西川です。

今日はしょこたんぶろぐの各エントリのタイトルを体中に書いて出社。
いわゆる耳なし芳一的ふるまいです。

今日の仕事は、「もんぺ」についてのコピーを50個くらい考えて書く、というものでした。

いやはや、コピーライターは辛いヨ、なんちゃって。

その中で上司に好評だったのは、

「短パンのすそをいくらひっぱっても、もんぺにはなりゃしませんぜ」

でした。
採用されれば、社員食堂の食券10枚もらえる予定です。

昼食はカロリーメイト。

夜10時まで産業した後、バー「合コンDE孤立」へ。

あいかわらずのマスターの孤立トークを聞く。

中でも、「修学旅行で忘れ去られて、木刀として売られていた」
という話がすごかった。

家に帰って、バカ踊りを2時間。

明日に備えて、深夜2時就寝。

|

« 【雑記】・「『sabra』来年3月号で休刊」で考えたこと(というのは少々看板に偽りありだが)」 | トップページ | ・「原始少年リュウ」全3巻 石森章太郎(1972~1973、秋田書店) »

ポエム」カテゴリの記事