« 【イベント】・「夏コミ」 | トップページ | ・「オバケのQ太郎」(1) 藤子・F・不二雄大全集(2009、小学館) »

【雑記】・「人間万事塞翁がノイローゼ」

夏コミが近づいている。
もともと、そんなにコミケにシンパシーを感じている方ではなかった。
だが受け入れてくれる方、受け入れてくれる方、と歩んでいくと、そこにはコミケくらいしかなかったよ。
やはり米澤さんは偉大だと、あらためて思う。

で、何が気になるかというと本の出来なのである。
昔は、必ず即売会前にできあがったものを印刷屋さんに自宅に送ってもらいチェックしたものだが、最近どんどんズボラになり、その魔力に逆らえずに直接搬入にしている。

しかし、これは要するに「当日一発勝負」ということである。
別の言い方をすれば「完璧に印刷屋さんを信頼しているからこそできる行為」で、

もちろん人間だからミスはだれにでもあるが、

私も多方面にお願いして原稿を書いてもらったのでよしんば印刷屋さん側の理由でトラブルが生じた場合、申し訳が立たぬのである。
ああ、不安だ。

と、不安ばなしだけではどうかと思うので別の話を書く。

たまたまある件について検索していて思ったのだが、
それほどひねくれていない一般人は「ご近所同士の絆」などをまだ信じているようだ。
(Yahoo!知恵袋のある項目を見て思ったこと。)

しかし、そんなことを言っている人間が真っ先に裏切ったりするからな。

まあ、何も考えてないから一般庶民、なんだけど。

とにかく、おらぁ安易にそういうこたァ信じねェ。

もちろん、安易な絶望も信じないが。

ときには絶望したくなる日もある。

|

« 【イベント】・「夏コミ」 | トップページ | ・「オバケのQ太郎」(1) 藤子・F・不二雄大全集(2009、小学館) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会全般」カテゴリの記事

絶望」カテゴリの記事