« 【雑記】・「『上から目線』の話」 | トップページ | 【イベント】・「月刊鶴岡法斎特大号 鶴岡法斎生誕祭・妄想36年」 »

【書籍】・「コティングレー妖精事件」 ジョー・クーバー(1999、朝日新聞社)

コナン・ドイルも「本物だ!」と太鼓判を押した「妖精の写った写真」の真偽とそれをめぐる騒動について描く。

まあ当然と言っちゃなんだが、肝心の写真は著者の書くとおりニセモノではあろう。証拠はいくつもあがっている。
ところが、そのインチキ写真を撮った少女二人のうち一人は「本当に妖精を見ていた」と、著者が信じているという不思議な本である。

正直、著者は当人が思っているほど論理的な人間ではないと思う。そもそも、「観た人がたくさんいるから妖精はいるに違いない、という論法自体に疑問が残る。

しかし、おそらく写真が撮影された現場は「いかにも妖精がいそうなところだった」には違いないだろう。

それを重視するかしないかというスタンスが、人間にとって重要事になりうることが、一生のうち2、3回はあるかもしれないとは思うのであった。

|

« 【雑記】・「『上から目線』の話」 | トップページ | 【イベント】・「月刊鶴岡法斎特大号 鶴岡法斎生誕祭・妄想36年」 »

書籍」カテゴリの記事

トンデモ」カテゴリの記事

ファンタジー」カテゴリの記事