« ・「けいおん!」(2) かきふらい(2009、芳文社) | トップページ | ・「ばりごく麺」(1)~(2) 能條純一(2009、集英社) »

・「音楽と漫画」 大橋裕之(2009、太田出版)

Ongakutomanga
[amazon]
ロクに楽器も弾けないヤンキーたちが、思いつきでバンドをやることになり……という話。
一見落書きみたいな絵なんだけど、きちんとマンガを勉強した形跡が……とか何とかいうよりも、ネームとして実にキッチリできており、力の抜けた絵柄とマッチしている。
1ページ目から何とも言えぬ感覚に引き込まれ、最後まで夢中で読んでしまう。
そういう作品だった。

狙っているんだけど狙ってない、狙ってないけど狙ってる、「大リーグボール3号」みたいなフワフワした球筋に、すっかりやられてしまったという感じだ。そして、「投げている」という意志があるということは、最終的には狙っているということになるのだが、そのこと自体が心地いいのである。

このマンガ、ネットでチラリと見かけて、中身をまったく知らずに「けいおん!」の2巻と一緒に買ったことが自分の中では珍しいミラクルで、そのことについてもずっとニヤニヤしっぱなしだったのであった。

他に短編「山」、「ラーメン」、「漫画」を収録。

|

« ・「けいおん!」(2) かきふらい(2009、芳文社) | トップページ | ・「ばりごく麺」(1)~(2) 能條純一(2009、集英社) »

マンガ単行本」カテゴリの記事

青春」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事