« ・「美女 怪死の真相」(2008、宙出版) | トップページ | ・「と学会年鑑KIMIDORI」 と学会(2009、楽工社) »

・「禁断の日本超古代文明!!」(2009、学研)

コンビニコミック。
ムーコミックス。
「美女 怪死の真相」よりも暗澹たる気分になったのが本書。

どうもムーコミックスとは相性が合わないなあ。
まず最初に、「自信を失っている日本の若者が日本という国に誇りを持つため」という理由で「超古代文明が日本から世界へ伝わった」という説を検証しようとするのだが、あまりにもぶっちゃけすぎ。
だって、もともと「日本発の超古代文明」って、そういう意図でつくられてきたものでしょ。

まあたいていのことは笑って済ませますが、ムーコミックのシリーズは「なんだか説教臭い」ということと「本気なのか? 原作を書いている人は『この程度でいいだろう』と思ってないか?」という疑念が、読んでいる最中にフツフツと沸いて来る。

もちろん、マジ批判してもしょうがない部分はあるにはある。本書一冊を批判するのなら、他の、もっと影響力のある擬似科学や偽史を扱った本を批判しなければならない。

だから、このエントリで言えるのは「本書はトンデモ本としては教条的に過ぎ、なおかつ本気度が疑われるところがなじめない」ということだけかな。

|

« ・「美女 怪死の真相」(2008、宙出版) | トップページ | ・「と学会年鑑KIMIDORI」 と学会(2009、楽工社) »

トンデモ」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事