« ・「UFО機密ファイル完全版」 監修:矢追純一(2008、竹書房) | トップページ | ・「ハローバイバイ関暁夫の都市伝説3」(2009、竹書房) »

・「ハローバイバイ関暁夫の都市伝説2」(2008、竹書房)

[amazon]

コンビニコミック。
正直、ハロバイ関の都市伝説本はあまり面白いと思えなかったし、コミック化の第一弾もあまり面白くなかったが、今回は意外に盛り返しているかも(それでも濃い都市伝説ファンにはオススメできないが……)。

ハロバイ関がいちばんくわしいのって、たぶんユダヤ陰謀論でしょ。私、陰謀論って好きじゃないんだよね。心がときめかない。だって夢がないもん。夢がない妄想なんだよね。自分で自分の気分をおちこませる妄想。そんなバカバカしい話はない。
陰謀論には「何をやっても大きな力が働いている、だから何もやらなくていい」っていう心理が見え隠れするんだよ。だから何かイヤだ。

ドン・キホーテばりに、本当に見えない敵と最後まで戦いぬくならそこには一片の価値はあるかもしれないけど(根本敬言うところの「妄想幻魔大戦」ばりに)。

ハロバイのコントはすごい好きなんだけどな。

|

« ・「UFО機密ファイル完全版」 監修:矢追純一(2008、竹書房) | トップページ | ・「ハローバイバイ関暁夫の都市伝説3」(2009、竹書房) »

トンデモ」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事