« ・「日常」(四) あらゐけいいち(2009、角川書店) | トップページ | ・「世にも奇妙な漫☆画太郎」(6) 漫☆画太郎(2009、集英社) »

・「キン肉マンレディー」(1) ゆでたまご、小川雅史(2009、集英社)

[amazon]
ウルトラジャンプエッグ連載。これってウェブのみの連載なの? よくわからん。
最近、本当にキャラクターとかストーリーとかがマンガなのかアニメなのかラノベなのか、ちょっと観ただけではまったくわからなくなってしまった。もうついていけない。

あらすじは、ミートくんが目覚めたら、キン肉マンやその他超人たちが女性化したパラレルワールドに行ってしまった(正確には精神だけが別の世界のミートに入ってしまった)。
ミートはとまどいながらも女性化したキン肉マンをサポートすることを決意する、という話。

最初、本作の存在を聞いたときには「ゲゲー。また企画先行で大御所作家に不労所得が入るのか」とワタクシ持ち前のひがみ根性を発揮したのだが、
いざ読んでみると、なかなか凝ってますよ、これ。

歴史の流れは実際の「キン肉マン」本編と基本的には同じように進むので、本編とどう違ってくるか比較しながら読めるようになってるのね。この第1巻だと、最初の超人オリンピックのあたりまでなんだけど。
完全に「キン肉マンのストーリーをすでに知っている」読者前提で(もちろん、まったく知らなくても楽しめるが)、うんうん、萌えも一筋縄ではいかない世の中になってるな、とニヤリとしましたよ。

「キン肉マンが女体化」ってだけ聞いて、「どうせこうなってんだろ!?」って思いがちな展開を、いい意味で裏切ってますよ。

|

« ・「日常」(四) あらゐけいいち(2009、角川書店) | トップページ | ・「世にも奇妙な漫☆画太郎」(6) 漫☆画太郎(2009、集英社) »

アクション」カテゴリの記事

ギャグマンガ」カテゴリの記事

萌え」カテゴリの記事