« 【雑記】・「ひとりごとターイム2」 | トップページ | 【映画】・「ハイスクールミュージカル ザ・ムービー」 »

【雑記】・「ひとりごとターイム3」

「もうこんなことはいやだ、こんな思考過程からは自由になろう」って何度も決心するんだけど、いつの間にか元に戻ってる。
そんで、「夏休みの終わりのような毎日」に、なってる(なんかめんどくさい人の書いたポエムみたいな文章になったな)。

私、最近ひらめいたんですが、
「公と個」とか「強者と弱者」とかの関係性の権利問題って、ネットのレベルではずっと無限ループしてますよね。

そこで「植木鉢問題」について考えました。

よくある話として、
地主と、その地主が土地の一区域を人に貸したとする。

で、そこには境界線があるよね。
その境界線に、塀とかがあればまだわかりやすいけど、そこのところが曖昧になってて、
借りた側が、ガーデニングとかやってて自分の植木鉢を、地主側の土地の領域にちょっとはみ出させてしまう。

まあ、たいていがネット上でエラソーに講釈たれてるやつは、比喩としてのこの「植木鉢」の状況に、いろいろ文句つけてるだけだね。

このような状況の場合、その「はみ出した植木鉢」が、
どれくらい大きいのか、
恒常的にはみ出させているのか、
はみ出させている方が「はみ出て当然」と思っているのか、そうでないのか、
注意したら引っ込めるけど気が付いたらまたはみださせている、みたいな感じなのか、
はみ出されている側はどう思っているのか、

といった種々の要因が、個別具体的に問題となるはずですよね。

それを、「もともと借りたヤツの土地じゃないんだから、そういうことはいっさいやめろ」って言ったって、それはド正論ではあるけど、本当に役に立たないわけでしょ。

逆に言えば、「植木鉢をはみ出させない」という行為に関しても、
「枝がはみ出ているから、通常の境界線よりもっと内側に置いてほしい」という意見が地主側から出る場合もあるわけで、
それに対する妥当性も問題となる。

なんかテレビのニュースとか観てても、この、
「植木鉢を境界線のコッチ側にやるか、アッチ側にやるか」
といようなことをえんえんと無限ループで議論してるけど、

そんなの、簡単に結論出ないでしょ。
スジ論から言ったら、「植木鉢をはみ出させる行為」自体が、最初っからNGなんだから。

さらに言ったら、境界線の完全に内側にある問題というのは、問題にもされないよね。
はみ出す以前に、「より境界線に近いか、遠いか」っていうことすらチマチマチマチマ議論になる場合があって、

その場合、
自分たちで勝手に、実際の境界線よりも、より内側にラインを引いてしまうことは、私は問題だと思うけど可視化されにくく、議論になりにくいし、

「自分たちが勝手に引いた、境界線よりも内側の境界線」からはみ出ていいかどうかの議論というのは、そもそもまったくやらなくていい、どうでもいいことだということにもなる。

だって本来の境界線はその外側にあるわけだから。

現実の世界で、「植木鉢をアッチにやるか、コッチにやるか」というのはかなり切実な問題なんだけれど、
机上の空論で、植木鉢の位置を議論しても、あまり意味がないと思いますよ。

|

« 【雑記】・「ひとりごとターイム2」 | トップページ | 【映画】・「ハイスクールミュージカル ザ・ムービー」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会全般」カテゴリの記事

評論とは」カテゴリの記事