« 【雑記】・「最も大事な部分をわかってない、大槻教授」 | トップページ | 【雑記】・「今日はかなり機嫌悪いです」 »

【雑記】・「頭のいいヤツに気をつけろ」

下のエントリにも関連する話だが、頭のいい人は、「他の、大勢の人の幸福」のためにいろんなことをやる。
なぜなら、金がもうかるし、金がもうからない場合でも社会に貢献しているという満足度が得られる(これは実はけっこう重要)。

でも、最終的には自分が利益を得られるような論理展開をする場合が多い。本気の本気で、滅私的なことを主張したりする人もいるんだろうけど、資本主義の世の中で、近代的な教育を受けてきて、なおかつ頭のいい人なら「最終的に自分が利益を得るシステム」をつくる確率は、非常に高い。

何が言いたいかというと、そのシステムを受け入れる、私も含めた「頭のよくない人」たちは、いつの間にか彼らに振り回される可能性が、あるということだ。

自分がプロデューサー気取りであることを主張しても恥ずかしくなくなった、あるいはそれが憧れの対象になったのはいつ頃からだろうか。

80年代半ば頃の、「物事は根性や努力や熱意だけでは動かない」というある種の確信が、人々の間に芽生えたときからだろう。

頭のいい人には二種類あると思う。
ひとつは、自分がプロデューサー的なことを最初から隠さない人。「私にも利益があるけど、あなたにもあるでしょ」という人。
もうひとつは、自分がプロデューサー的なことを隠している人。

もちろん、「自分にも利益が来るけど、あなたにもあるでしょ。でも今度のは正直、私には利益があるけどあなたにはないよ、それでも乗る?」という高等テクニックもある。

ゆめゆめ、みんなそんなものは信じるな! 自分が不幸になるだけだ。

流れ作業をしながら、今日はそんなことを考えました。

|

« 【雑記】・「最も大事な部分をわかってない、大槻教授」 | トップページ | 【雑記】・「今日はかなり機嫌悪いです」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会全般」カテゴリの記事