« 【アニメ】・「チャージマン研より動かないアニメ、発掘!!」 | トップページ | 【イベント】・「新田五郎のぶっとびマンガ大作戦・出張版」 »

・「百合星人ナオコサン」(2) kashmir(2008、アスキー・メディアワークス)

Yuriseizin02
[amazon]

前にも書いたけど、この作品に登場する百合・やおい・幼女などの要素はもはや本来の意味をなすかなさないかぐらいのギリギリのところまで無意味化していってる。ぼんやりとした言葉を使えば、透明化してる。

でも、おひゃらけさせているというのでもない。「おひゃらけ」だったら「おひゃらけ」という意味が付与されているからだ。
作者の意図を勝手に想像するなら、百合ややおいなどのオタク的アイテムは理解したうえで、それらがいろんなところで(コミケとかとらのあなで)繰り返されていくうちに、高速化して転がっていってどんどん意味がはぎ取られていくような……そういうのを目指しているのだと思う。
あっ、第1巻のときに書いた感想を別の表現で言っただけになってしまった。

「オタクの大人のなり方」っていろいろ考察されてきた。印象的なのは、タイトル忘れたが平野耕太が読みきりで描いてた、世界の最後の日にみんなで集まってアニメ観ているような。そんな光景のやつ。
この「ナオコサン」には、別角度での成熟を感じるんですよね。まあ、もっとド熱いのがお好みという人もいるだろうし、そういうの私も好きですが、クールなのもいいな、ということで。

ときおり、すごいなぜか「死」のイメージがさしはさまるのも好きだね。セックスと死(のイメージ)だもん。世の中。

あ、いちおう断っておきますけど本作はギャグマンガね。主題歌と「プロ幼女」(このネーミングも最高)が時間を知らせてくれるソフトが入ったCD付き!

1巻の感想

百合星人ナオコサン2巻初回限定版 「プロ幼女」付き(アキバblog)

|

« 【アニメ】・「チャージマン研より動かないアニメ、発掘!!」 | トップページ | 【イベント】・「新田五郎のぶっとびマンガ大作戦・出張版」 »

ギャグマンガ」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事