« 【映画】・「エグザイル/絆」 | トップページ | 【雑記】・「自分の立ち位置を確認することと、どういう視点が有効かということ。」 »

【お笑い】・「M-1グランプリ」

もう、昨年まではてなダイアリーでやっていたような、個々のコンビについて感想を書くのはやめました。
私は印象でしかお笑いを語れないことを、自分でかなり問題視しています。

たとえば、そのコンビが緊張していたかどうか? という単純な問題にしても、生放送の現場とテレビを観て写ったものを観る状態とでは、印象が違います。
それに対して、「緊張しているように見えた」と書くことに、意味があるとは思えなくなってきました。
どうせ、審査員の現場での印象がすべてでしょうからね。

それと、なるべく気をつけようと思っているんですが、ことM-1に関しては「ここが面白かった/面白くなかった」って書いても、しょうがない気がしてきたんですよね。

まあはっきり言って、そういうブログ上の感想が多すぎることへの絶望もあります。

以下に書こうと思っていること:

・上戸彩
・キングコング
・ザ・パンチ

・上戸彩の司会
適度に突き放した感じで、よかったですね。小池栄子みたいな、演者に過剰にシンクロするような感じじゃなくて(という小池栄子感もまた、私の印象にすぎないわけですが)。

・キングコング
ネット上で「ざまあ」とか言われすぎでしょう。私は、ここ1年で西野に関してはかなり見直しています。お笑いに関する本気度を感じるからです。
私自身は決して好きなコンビではないですが、本気度と漫才の実力は認めないと、フェアじゃありません。

・ザ・パンチ
ビデオで二回見返しましたが、私としてはそんなに緊張しているようには見えませんでした(前述のとおり、そんなことを書いても仕方がないわけですが。「審査」ということを考えれば「その場」がすべてなので)。
ただ、今田も、そして上戸彩までが彼らの緊張を感じ取っていた節があるので、会場の空気はかなり変なことになっていたんでしょうね。

「やらかしちまった」、「しくじった」っていう意見もネット上で読みましたが、それで沈没するようならお笑いというジャンルの存在自体、無意味ですよ。

今日の昼間、テレビ朝日ではNON STYLEが栄光のM-1優勝者として出演し、「いいとも」では、ゲストがなぜかザ・パンチでした。
ザ・パンチは、「M-1最下位」、「NON STYLE……?」などと言われてゴリなどにさんざんいじられていましたが、これこそがお笑いですよ!! 

ダメなことがダメじゃなくなる瞬間がある、というのが、お笑いの、フィギュアスケートや陸上競技などの「負けたらほぼ意味が無い」世界との最大の違いなんだから、ザ・パンチはある意味おいしいとも言えるわけですよ。

M-1決勝進出者であることを忘れ去られているコンビは、いくつもあるわけですから。

|

« 【映画】・「エグザイル/絆」 | トップページ | 【雑記】・「自分の立ち位置を確認することと、どういう視点が有効かということ。」 »

お笑い」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事