« ・「コブラ」(1)~(6) 寺沢武一(1980、集英社) | トップページ | 【映画】・「デス・レース」 »

【CD】・「Dream Fighter」 Perfume

Deramfghter

[amazon]

Dream Fifghter(ユーチューブ)

ねぇ みんなが 言う「普通」ってさ なんだ かんだっで 実際はたぶん 真ん中じゃなく 理想にちかい だけど 普通じゃ まだもの足りないの

この「ふぬけ共和国blog」に移って、CD評を書こうと思ったのは実にひさしぶり。
なんと「もってけ!セーラーふく Re-Mix001」以来だから、1年以上経っている(ちなみに、その前は「ギリギリ科学少女ふぉるしぃ」。

自分はPerfumeに関しては、苦い気持ちがある。
(私が)完全に乗り遅れてしまったという印象だ。

実は、「リニアモーターガール」あたりからCDは買っていて、「ちょっといいな」と思ったからさかのぼって「モノクロームエフェクト」あたりまでは、買って聞いたんだよね。
ただ、印象としてはアイドルというよりもテクノユニットという感じで見ていて、近年まで彼女たちのパフォーマンスを、観たことがなかったんですよ。

それで、「ポリリズム」あたりで彼女たちのパフォーマンスをテレビで観て、「ああ、これは完全に乗り遅れたな」と。
Perfumeってさあ……パフォーマンスを観てこそ、なんだよね。私はそう思う。
でも、それまでのテクノってあまりそういうことがなかったもんだから、私にとっては予想外の展開で。

あとはホラ、もうその後は私が語ろうとするようなことはぜんぶネットで語られてしまっていたんで、沈黙していたわけです。

ですがこの「Drem Fighter」の歌詞にはやられた!!
サビの次の数行で、完全にやられました(「みんなが言う普通ってさ」のくだりね)。

ま、私の誤読かもしれませんけど……。

この曲は、「がんばって武道館までたどり着いたPerfume」という意味が込められていると、ネットで聞くし、Perfume対談~Dream Fighterは応援歌? All about テクノポップでも似たような解釈ですね。
こっちが正しいのかな。

私の解釈を話すと、
「みんな『普通がいちばんいい』っていうけどさ、その『普通』ってのは『せめてこれくらいまでには行きたい』っていう希望でしょ。それは『普通』じゃなくて、『理想』のことなんだよ。そして、それを『普通』と解釈しているということは、本当の『理想』っていうのはすごい先にあるし、みんなそれを追い求めずにはいられないんだよ」
というふうな内容だと思うんですが。

これは、二番の、同じ箇所にも言えるんですよ。

ねぇ みんなが 言う「未来」ってさ なんだ かんだっで 実際はたぶん 真っ暗じゃなく 光が差して だけど 普通じゃ まだもの足りないの

「未来は暗い」なんて、友達同士で愚痴るけど、完全に絶望しているわけじゃないでしょ。そこにはなんだかなんだでやっていけるという最低の見通しはあるはず。でもそれじゃ物足りない。それが理想なんだよね、ってことだと、私は解釈したんですよ。

「All about テクノポップ」の対談では、「これは応援歌ではなく、Perfumeのことを歌っているのではないか」っていう解釈で、まあ最近の歌詞は言葉が足りないことが多いし、全体の流れを見ていけばまた受け取り方が違ってくるのかもしれないけど、

私自身は「普通のОLとか女子大生が、お茶飲みながら話しているようなこと(それが「普通」とか「未来」とかの、ややネガティブな雑談であっても)の中にも、実は「理想の追求」の、少なくとも端緒が含まれている。
だから、がんばって!! と歌っているというふうに解釈しました。

違ってるかもしれないけどさあ……。
最近、中川翔子の「綺麗アラモード」の歌詞もちょっと誤読してしまったんで、不安なんですよ。

でもどうしてもそうとしか取れない。
一度そう思ったらそうとしか、思えない。

がんばってる人に「がんばれ!」って言うんじゃなくて、普通の生活をしている普通の人たちも、実は理想があって、それに向かってがんばっているんだ、って気づかせるような歌詞だと思いましたね。

それは、私が衝撃を受けたつんくの「選挙の日は うちじゃなぜか 投票行って外食するんだ」に匹敵する「普通感」なんですよ。

私はやっぱり「未来」とか「希望」とかがないと、生きていけないんですよ。でも、サブカル体質なんで抽象的なガンバリソングにはぜんぜん心が響かない。
だけど、つんくの歌詞のいくつかだとか、今回の「Dream Fighter」の歌詞のように、なんていうか地べたはいずってるような日常からフッと浮遊する瞬間、みたいなものが不意にこちらに入り込んでくると、衝撃を受ける、ってのがありますね。

あと、アッパーな曲以外は最近は受付けません。
気持ちが鼓舞されないような音楽にはまったく興味がなくなってしまったし、またそういう曲は大量に聴くものでもないんで、最近あまりCD買ってないんですよ。

|

« ・「コブラ」(1)~(6) 寺沢武一(1980、集英社) | トップページ | 【映画】・「デス・レース」 »

アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事