« 【架空】・「脳内合コン」 | トップページ | 【書籍】・「トンデモ音楽の世界」 と学会+α:著、唐沢俊一:編、杉ちゃん&鉄平:曲(2008、小学館) »

・「リーマンギャンブラーマウス インドまぐろ子DX」 高橋のぼる(2008、講談社)

Indomaguroko
[amazon]

謎の女体盛りギャンブルマンガ「リーマンギャンブラーマウス」が、コンビニペーパーバック調単行本で登場。
あらすじについては、私が書いたレビューを参考にしてください
パラパラと観たところ、基本的には単行本と変わりない模様(もしあったらすいません。買っ
て確かめて!)。

しかし、もっと驚いたのはmichao!というサイトで「リーマンギャンブラーマウス2」の連載が始まっていたことだ!!
読んでみると、直接の続編ではなく、新しく仕切りなおしした模様。「女体盛り」は今のところ出てこず、「総務部クレーム対応課謝り係」に配属された主人公の篁忠則のもとに、超巨乳の美女・早乙女操が入社してきて、毎回珍妙なギャンブル(馬の代わりに競走させられるとか)につき合わされる、という話になっている。

前シリーズよりもギャグ度は強いが、あいかわらずこの人の絵はエロいね。

このmichao!では、他にもふくしま政美が「超市民F」という劇画を描いている。「超市民F」の存在は知っていたが、「リーマンギャンブラーマウス」の方はまったく知らなかった。これじゃインターネットやってる意味ないよ。

あ、あと「リーマンギャンブラーマウス」の感想は、「愛のトンデモ本」の上巻[amazon]か下巻[amazon]のどっちかに書いたよ。ずっと前に。

|

« 【架空】・「脳内合コン」 | トップページ | 【書籍】・「トンデモ音楽の世界」 と学会+α:著、唐沢俊一:編、杉ちゃん&鉄平:曲(2008、小学館) »

マンガ単行本」カテゴリの記事