« 【書籍】・「ライムスター宇多丸の マブ論CLASSICS アイドルソング時評2000-2008」(2008、白夜書房) | トップページ | 【映画】・「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 »

【映画】・「ザ・マジックアワー」

公式ページ

監督・脚本:三谷幸喜

まるで映画のセットみたいな感じの田舎町・守加護。ここを仕切るボス・手塩(西田敏行)の女・マリ(深津絵里)を寝取った罪で、殺されそうになる劇場支配人・備後(妻夫木聡)。
「私、デラ富樫の知り合いなんです。」
コンクリートを重石にされて、海に沈められそうになったときに言った口から出まかせ。「デラ富樫」は、ボスも憧れている伝説の殺し屋だったのだ。

出まかせを言って急場はしのいだものの、「デラ富樫を連れて来い。そうしたら何もかもなかったことにしてやる」というボスの命令に悩みまくる備後は、苦肉の策として、売れない役者を殺し屋役に選び、何とかしようと考える。

彼に選ばれたのが、ハードボイルドな映画に魅了されつつもちっとも芽が出ない役者・村田(佐藤浩市)。備後にだまされてすべてを映画だと思い込んだ彼は、「デラ富樫」の役を貫徹しようとするのだが……。

……いやまあ、つまらない映画ではないのだが、……はっきり書くと、
「これって、舞台でやるお芝居の脚本と演出ですよね?」
ということになる。
(以下、ネタバレなし。)

とにかく、導入部では世界観の不徹底が目立つ。
「映画のセットみたいな町」なのはわかるが、なぜそこに「ギャング」がいるのか?、殺し屋に扮した役者・村田が殺されるリスクがあるにも関わらず、なぜ着地点のない作戦を備後とマリが立てるのか、
「自然に撮るためにカメラは役者に見えないところにある」というごまかし方など、
おそらく観客の想像力である程度設定を脳内補完できる「舞台」ならさして違和感を感じないのだろうが、これが映画にするとことごとく疑問がわいてくるのである。

そして、いちばん肝心な、映画を撮る者にとってもっともすばらしい時間だとされる「マジック・アワー」で撮られる備後たちの作戦。これも実に舞台的演出なのだ。どうもちょっとおとぎばなしにすぎるというか……。ついていけないところがある。

また、心理描写面においては、前述の「マリ」が、生い立ちの不幸から他人がどうなろうとかまわないわがままな女、として描かれているが、ほうっておけば死ぬのが確実の村田を放置するというのは感情移入をはばむ。
それに、多くの三谷作品でうまく行っていた「ど素人とプロフェッショナルが邂逅し、一度はもめるものの最終的にはお互いが影響を与え合う」という過程も、備後が村田をだまし続けるというプロットのため、成功したとは言いがたい。

ただし、場面場面では笑えるところもある。とにかく佐藤浩市はたいした役者だと思いましたよ。無理のある設定は、みんな佐藤浩市が演技でごまかしていたんじゃないか? というくらい。
だから、見終わった後、お客さんは「損をした」という気分にはならないと思うんだよね。
ただ、どうしてもどこか「ごまかされているのかな?」と思ってしまうところはある。

脚本全体をとおしては決して悪くないと思うんで、何というか複数で話し合ってもむとか、他人が読んでおかしいと思ったところは直すとか、もうちょっと時間をかければよかったんじゃないかと思うんですが。

|

« 【書籍】・「ライムスター宇多丸の マブ論CLASSICS アイドルソング時評2000-2008」(2008、白夜書房) | トップページ | 【映画】・「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 »

映画」カテゴリの記事