« ・「心霊物件2008」(2008、講談社) | トップページ | ・「貸本怪談まんが傑作選」 怪の巻 菊地秀行:編(1991、立風書房) »

・「貸本怪談まんが傑作選」 妖の巻 菊地秀行:編(1991、立風書房)

[amazon]
菊地秀行が選んだ資本怪談劇画を収録したもの。

まず楳図かずお「蝶の森」は文句なしの傑作。
いばら美喜「焦熱地獄」、モンキー・パンチ「復讐」は、当時多かったと思われるギャングもののテイストが入っている作品。菊地秀行は、怪奇ものとアクションを融合させた作品で名を売った人だが、こういう折衷的な作品が原点だとしたら興味深い。
巌太郎「幽霊館の鬼女」は、「アッシャー家の崩壊」を時代劇風にアレンジした作品。絵はヘタだし、これ単体ではまったく評価のしようがないという印象だが、菊地秀行の怪奇趣味(完全にキッチュとも言いきれない怪奇趣味)のフィルターを通すと、また「味」を感じるのが面白いところ。

他に小島剛夕「月に背く者」、浜慎二「人間蒸発」、古賀新一「健啖家」、水木しげる「壁ぬけ男」を収録。

|

« ・「心霊物件2008」(2008、講談社) | トップページ | ・「貸本怪談まんが傑作選」 怪の巻 菊地秀行:編(1991、立風書房) »

ホラー」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事