« 【映画】・「ミスト」 | トップページ | 【イベント】・「トンデモ本大賞2008」当日券出ます »

【映画】・「ノーカントリー」

公式ページ

監督:ジョエル&イーサン・コーエン

ヤクの取り引き用のヤバい金を偶然手に入れた男が、異形の殺し屋に追いかけ回される。

お話が文学的すぎて、鑑賞直後には感想を書きようがなかったんだけど、今になって書いてみる。

正直、この映画は観たときからぜんぜんピンと来なかった。原作を読むとわかるのかな。
「純粋暴力」とでもいうような存在の殺し屋が出てくる。だけれども、こういうふうに「暴力」を象徴化・純粋化することがそもそも必要なのか? という疑問が私の心の中にはずっとあった。

というのは、エンターテインメントの中で、「暴力」は恒常的に象徴化・純粋化されているのだから、それをわざわざエンターテインメントの図式を壊してまで描く必要があるのか? と思ったから。

それがまったく違う、思いもよらぬ象徴化だったら衝撃を受けたんだろうけど。

見当違いなことを書いてるかもしれんが、日本には「バイオレンス・ジャック」があるんだから別にこの映画は観なくてもいいや、と思うんだけど、どう?
(同じことは、マイク・レズニックの小説「キリンヤガ」シリーズにも思ったりするんだけど。日本には諸星大二郎がいるんだからいいじゃん、という意味で。)

|

« 【映画】・「ミスト」 | トップページ | 【イベント】・「トンデモ本大賞2008」当日券出ます »

映画」カテゴリの記事