« 【テレビ】・「テレビ・オブ・ザ・イヤー2007」ほか | トップページ | 【雑記】・「DJブームの終焉?」 »

【雑記】・「mixi利用規約問題、結果的に沢尻に対する嫌悪感再燃」

この件に関して、私が二番目に興味があったのは(一番目はもちろん「なんで急にこの規約?」ってことなんだけど)、「第一段階で大騒ぎしてきた人たちが出てきた後の、ドライな対応の人たち」だった。

まず、「そんなに大騒ぎすることではない。規約改定騒ぎは他のブログサービスでも過去にあった。もう少し落ち着け」と書いた人はエライ。パニックを沈静化させる方向で書いているから。

問題は(まあ何書いたっていいんだから問題でもないんだけど)、「何SNSの規約ごときで抗議とかしちゃってんの? バカみたい」的なニュアンスで書いている人々。

・その1
ネットウロウロ&mixiウロウロしていたら、規約に追記が出る前から「どうせみんな、今騒いだって数ヵ月後には何の疑問もなくmixi使ってるさ。だいたい『利用規約』なんて、mixiに入るときに読んだのかよ?」という書き込みがあった。
確かにそのとおりである。
が、利用規約というのが本来熟読するものではないからこそ、今回のようなことはすべきではなかった。
いったん、「おーい、今度の利用規約、おかしいぞー!!」という声があがったら、利用規約をふだんはみんな熟読しないからこそ、パニックがあっという間に広まるのである。

また、商業倫理的な問題からしても、「ふだん読まないようなところに重要な項目を入れて改変する」というのは、褒められたことではない。ぶっちゃけて言えば、開き直れるものではないということ。

上の意見に関してもうひとつ私が「ええー……」と思うのは、「抗議しようが、そしてそれが通らずに規約が変わらなかろうが、けっきょくどうせみんなmixi使うんでしょ」というニュアンスが実際の文章には含まれていたこと。

そりゃみんな日々の生活があるんだから、mixiの問題にばかりかまけてはいられませんよ。
この手の抗議もグダグダになることだってある。
だけど、この文章の裏には、「何を抗議したってムダ」というニュアンスが濃厚に感じられて、読んでいて気持ちのいいものではなかった。

・その2
もうひとつ、別のところで読んだのは、
「専門職の現場の崩壊や、倖田來未の問題など、すべてみんなが大騒ぎすることから来ている。mixiの件も同じ。だから冷静になろう」というもの。
「冷静になろう」というのはいいが、私は悪質クレーマーや日本の訴訟社会化による専門職現場の崩壊と倖田來未問題は、まったく別のことだと思っている。

「すぐに謝罪をせまる最近の日本人の傲慢」としても、沢尻エリカ、朝青龍、倖田來未と、モンスターペアレントや悪質クレーマーによる職業現場の荒廃とが同列に論じられることが多いが、

繰り返す。これらは別問題として考えるべきである。

後者は大きな問題として考えられるべきだが、
前者は、非難の声を寄せる側が、そんなに自粛するべきことか? と素直に疑問である。

ずっと前から、視聴者や観客はタレントの「不愉快さ」に関して、抗議するすべがなかったのである。

もちろん、「抗議のための抗議」をして気をまぎらわせているはた迷惑な、寂しい人間も多くいることだろう。
しかし、なんで不愉快なものを不愉快と言っちゃいけないのか? サッパリ理解できません。
しかもものは「芸能」、はっきり言って何かがどうなっても、衣食住や教育、医療と違って(関係者以外は)だれも困らない。

だれも困らないなら、具体的に言えば「抗議メールを送りつける」程度のことをやったらいけないのか? よくわからん。

たとえば抗議による、しなくてもいいCM自粛などの問題もあるにはあるが、それは視聴者サイドの「良心」に訴えかけるよりも、抗議を受ける側が「重要視すべき抗議の質と量」のガイドラインをもうけてしまった方が、得策なんじゃないかと思える(まあ、それができないからいろいろと問題が起こっているのかもしれないが……)。

しかも、沢尻と倖田來未に関しては、「不愉快さ」の質がきわめて低い。たとえば「不愉快さ」を通して深いことを訴えているとか、そういうことが微塵もない事例である。

(もはやmixiとは何の関係もない話だが)
とくに沢尻は、中には「ああいう大物ぶりを発揮する若手女優はしばらく出てこなかったし、一般人と違ってエキセントリックなことをするのがタレントなのだから、もう少し大目に見てやってもよかったのでは」などという意見があるが、私には1ミリも承服できない。

私は、沢尻エリカの、「若気の至り」的な薄っぺらさプラス、「ぜったいだれかに言われてやっていそうな雰囲気」が嫌いだったのである。
似たような「若さゆえにだれかに影響を受け、吹き上がってる」雰囲気を持っていたタレントとしては、クスリかなんかで捕まる前のいしだいっせい、大ケガする前の窪塚クンなどがあげられる。

もっとも、実はいしだにも窪塚にも、それなりの筋は通っていて、似たような主張をするオトナもいないわけではないのだが、

問題視すべきは、沢尻と倖田に影響を与えたオトナたちの薄っぺらさだろう。

mixiに話を戻すと、相手はネット関係の企業なんだから「炎上」だって折り込み済みだろう。たとえば「らき☆すた」の声優さんが、無礼な書き込みに心が折れたりするケースとぜんぜん違うと思う。

|

« 【テレビ】・「テレビ・オブ・ザ・イヤー2007」ほか | トップページ | 【雑記】・「DJブームの終焉?」 »

テレビ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事