« 【ポエム】・「新ジャンル!! 時代誤解ポエム」 | トップページ | 【絵本】・「ザ・たっちの 日本すかし話」 作:ザ・たっち、絵:リタ・ジェイ(2008、小学館) »

【雑記】・「評論とは」

岡田斗司夫の新オタク日記(2003年3月10日)
(以下引用)
司会者が「アニメ文化発展のために、評論を」と宣言文に入れさせようとしたので、思わず大反発してしまった。
 ふざけるな。
 アニメ評論に賞をあげるのは、「アニメ評論」を育成・発展させるために決まっている。
 アニメを発展させたいのなら、アニメを募集して、アニメに賞を与えれば良い。
 というと、この司会者が真顔で反論してくる。「だって、アニメあってのアニメ評論でしょう?」
 違う、間違っている。
 映画あっての映画館という関係はなりたつ。それは、ソフトウエアとハードウエアの関係だからだ。
 しかし、アニメとアニメ評論は、両方ともソフトウエアであって、それぞれが独自に作品性を持ってしまう。
 まんがをアニメ化しても、まんがあってのアニメとは言わない。
(引用終わり)

自分で考えさせられて、唸らされて、でも「あの文章、どこにあったっけ?」と思い出せないことがあるので、はてなダイアリーの方からリンクをサルベージしてここにもう一度載せておく。

本当に、このくだりは何度読んでも興味深い。
確かに、評論は作品や作者に対して最大限の敬意を払う。口に出して「応援しているから、評論を書いている」という人もいると思う。

しかし、自分を「ただの応援屋」だと言われて「はい、そうですね」と素直に言える人も、そうはいないのではないか。
そういう意味では(そういう意味でなくても、だけれど)、評論家もクリエイターである。

|

« 【ポエム】・「新ジャンル!! 時代誤解ポエム」 | トップページ | 【絵本】・「ザ・たっちの 日本すかし話」 作:ザ・たっち、絵:リタ・ジェイ(2008、小学館) »

オタク」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

評論とは」カテゴリの記事