« 【雑記】・「呉智英の言っていることの意味」 | トップページ | 【雑記】・「呉智英補足」 »

【お笑い】・「東京から見たバッファローは……」

2ちゃんのR-1のスレを見てると…(一汁一菜絵日記帳)

バッファロー吾郎はアングラか?(昨日の風はどんなのだっけ?)

「大阪時代はナイナイよりも人気があって女の子にキャーキャー言われてた」ってのは、当時を知らない私にとっては驚きで、非常に勉強になりました。

で、バッファロー吾郎、あるいはその軍団は「ナイナイ=超メジャー」という認識におけるマイナー気質、ということなんでしょうね。
あくまで「東京で大ブレイクしたナイナイ」を基準にして、「東京、中央」を基準にすると、まあバッファロー吾郎というのはやっぱりマイナーな感じはしますよ。

それと「内輪受け」という話が出てますが、とんねるずのやってたことも一時期壮大な内輪受けだった時期があって、しかし「中央発信だから」というだけの理由で無理矢理納得させてしまっていたように思います。
だから、たぶん関西で似たようなことをやってた芸人というのはとんねるずに対しても忸怩たるものがあるんだろうなあ、とは思いました。

「自分を慕って来た者に対する責任」という点は、松ちゃんやバッファローはどうだかわからないけど、(たけし軍団各自のタレント性は別にして)たけしは弟子を育てられない、また興味もない人だったんだろうなあというのはしみじみ思いますけどね。

ナイナイの話に戻ると、
前にも書きましたが私にとっては「ネタをやっているところを観たことないのにとつぜん人気者になっていた」というパターンの最初のコンビです。
それで、やっぱりテレビタレントとしてはそれで正解というのがあって、
でもその正解を大量生産する方法論というのが、テレビにない。

だから、今でもネタ見せ→だんだんタレントとして売れていく、というシステムが続いてるという印象がある。

とんねるずの売れ方というのは、ずっと観て来ているので私個人は理解できる部分があるんですが、
ナイナイは大阪時代を知らないのでよくわからないんですよね。

でも、他の芸人さんたちにとって、ナイナイが何かの基準点になっていたことは理解できました。

|

« 【雑記】・「呉智英の言っていることの意味」 | トップページ | 【雑記】・「呉智英補足」 »

お笑い」カテゴリの記事