« 【雑記】・「高速移動するドピョッピリポー」 | トップページ | 【萌え談義?その3】・「本当にもうやめようかな~」 »

【雑記】・「何も変わらない……」

リアルで2chの話をする奴は死ねへいわぼけ

リアルで2chの話をする中高生の特徴アルファルファモザイク

昨日の風はどんなのだっけ?で知る。

リンク先(とくにリアルで2chの話をする中高生の特徴を観ると、今の中高生と言ったら私とふたまわりくらい違うのに、「オタクのメンタリティ」という観点で言えばまったく変わっていないのに驚いたよ!(笑)

しかも、それを「恥ずかしい」と思っている連中や、揶揄している連中がいることも同じ。2chやニコ動の問題というより、オタクの問題だよねこれって。「学校の放送室でアニソンかけた、かけない」とか。

オタクってのは選民意識と賎民意識が同時にあるから、まさにこうなる、って感じですね。

さらにタチが悪いのは、「今の中高生ってこうなのか」みたいにすっとぼけている連中で(笑)、
自分たちのときもそうだっただろうが!

でも、陰険なやつっていうのは自分たちも似たようなことをやってきたとはぜったい言わないんだよ。イヤミな部活の先輩みたいなもんで。
だから私がバラしてやる。「みんな似たようなことやって大人になった」ってね。

それと、「中二病」って言葉が私は最近キライなんですが、
「中二病だ、中二病だ」って鬼の首を取ったように言うこと自体がすでに幼い、っての。

あとネットにありがちなことだけど(「非モテ」とか「サークルクラッシャー」って言葉もそうだったけど)、すぐに何となく雰囲気で語っていたことが定義づけ、厳密化されて、大真面目に語られたりする。中二病もそのたぐいではないかと察する。
本当はラジオの投稿のお題くらいの意味しかないと思うんだけどね。

「中二病」の指摘というのは、共感と、笑いがないまぜになって語られなければ何の意味もない。ただの後輩イジメですよ。
若い頃からトシをとってくるまで、人間フラットに成長していくわけじゃぜんぜんないんだから、若気の至りをちょい年上の人間が笑いものにしたって何の意味もない。
自分自身が、さらにその上の世代からは幼く見えるんであってね。

リアルな先輩後輩のつながりだったら、そこには上の世代からフォローや「温かい目」というのが入るんだろうけど(私、あと「生暖かい目」って言葉も嫌い。)、ネットだとわずかな年齢さでもぜんぶ並列に扱われちゃうから、こういうクダラナイ言葉がまかりとおることになる。

それより、同じ貞本義行のキャラクターデザインで、1990年の「ナディア」を生理的に受け付けられなかった人たちが、95年の「エヴァ」では何の抵抗もなく受け入れ、さらに普通に語っているのを見ると心底腹立ちますけどね。

(以下は脱線した話)
89~90年頃の雰囲気として、どんなにSFとして、ミステリとして、コメディとして、あるいは人間ドラマとして面白いアニメがあっても、その各ジャンルが好きな人に対して勧めると「でも……絵がなァ。受け付けられないんだよな……」というふうに言われることが多かった。「アニメ絵だから」ってことだけで障壁だった。

90年頃の貞本義行の絵は確かに、一般人が受け入れるか受け入れないかの微妙なラインにあったことは確か。
これがもしも美樹本晴彦や平野敏弘や、いのまたむつみだったらもっと私にとってのサンプルケースになったんだが……。

とにかく、「ナディア」と「エヴァ」の5年の間に、観る側に大きなパラダイムシフトが起こったとしか思えないんですよ。
あるいは、単に変節したことをごまかしているか、あるいはそれすらにも気づかないということになる。
でも、そういう自分の変化に気づかない人がそんなさあ、作品論とか語っていいわけ?

(これは個人的な印象にすぎないが)
とくに一定以上の年代のミュージシャンの人とかさあ、「おれけっこうアニメ好きなんです」みたいなこと言ってると「何言ってんだよ!? おまえらとポパイ文化が、別方向で『ダサい、ダサくない』の価値観をつくって、どちらもアニメを『ダサい』方に放り込んだんだろうがッ!!」って思うんだけど、

まあこんなこと書いてると上記で「陰険だ」って指摘した中二病をあげつらう先輩方と同じような感じになってしまうと思うので、この辺でやめておきますわ。

|

« 【雑記】・「高速移動するドピョッピリポー」 | トップページ | 【萌え談義?その3】・「本当にもうやめようかな~」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事