« 【雑記】けっきょく、観る側は観ているしかないんだよな(沢尻エリカ) | トップページ | ・「日常」(一) あらゐけいいち(2007、角川書店) »

【映画】・「ずべ公番長 東京流れ者」

1970年、東映東京
監督・脚本:山口和彦、脚本:宮下教雄
出演:大信田礼子、渡瀬恒彦、宮城千賀子、南原宏治

少年院みたいな(そういう施設かどうか不明)「赤城学園」を出たリカは、おもちゃ工場で働くがミスが多すぎてクビに。新宿をブラついているところを「デパートガールみたいな仕事」と誘われて、行ったところは超弱小テキヤ・ガセ寅一家だった。
一家の女親分・蘭子が赤城学園の卒業生と知って盛り上がり、いろいろあってかつての学園の仲間たちが集結。しかし、ガセ寅一家の商業権(何て言うのか忘れた)をめぐって新興ヤクザが出張ってきて、最終的にはお決まりの殴り込みに……。

女親分さんが宮城千賀子でいいのかなあ……? ホスト役の左とん平とのコント的やりとりがすばらしい。また、冒頭にはその後の展開とまったくカンケイない、スケベ医者(南利明)が赤城学園で身体検査をしようとして大勢の女生徒に襲われて服を脱がされかかるシーンがある。この一連の流れもまた、昭和コメディアンの真骨頂のように思えるので観て損はない。

ただし、前作もそうだったが全体のプロットがあまりにも旧来の任侠映画のパターンを踏襲しすぎている印象は否めない。ワンパターンだったら「女番長シリーズ」だって似たようなもののはずだが、この「ずべ公番長シリーズ」の方がどこか泥臭いのである(正直、終盤観ていてちょっと寝てしまった)。

なお、ググったら主演の大信田礼子って都倉俊一の元奥さんなんですね。手足が長くてどちらかというとモデルのような体型。世が世なら、もっともっとスターになったかもしれないなあ、などと思ったりした。

・「ずべ公番長 夢は夜ひらく」(→感想

|

« 【雑記】けっきょく、観る側は観ているしかないんだよな(沢尻エリカ) | トップページ | ・「日常」(一) あらゐけいいち(2007、角川書店) »

70年代」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事