« ・「実録 逆玉GET!!」(2007、宙出版) | トップページ | 【映画】・「ずべ公番長 東京流れ者」 »

【雑記】けっきょく、観る側は観ているしかないんだよな(沢尻エリカ)

私は前から沢尻エリカ(正確に言えばそのたたずまい)が大っ嫌いで、でもよく知らないまま批判するのもどうかと思い、「スーパーモーニング」の彼女の釈明インタビューをわざわざ観てしまった。

で、思ったこと。
「やっぱりアイドルってつくられた存在なんだな、そのつくりの方向性が違うだけなんだな」

あくまでもアイドル論の文脈でこれから書きますけど、
要するに「つくられたアイドルではなく素を見せているから良い」という理論は成り立たないと思いました。

だって、今回の件は事務所側があおっていた部分があったわけでしょう。なんというか彼女の「女王様」的なたたずまいを。
それであげるだけあげて、制御できないとこまで言ったからドーンと落とされた、と。
(事務所側の計算がどこまでかはこちらとしてはわかりようがないんだが、雰囲気で舞台挨拶の件とその後の波紋までは思いが至っていなかった、と私は見たけど)

もっとも、それでも「事務所の計算からはみ出した部分が見えたんじゃないか」って言う人もいると思うんだけど、私は違う。
けっきょく、彼女が周囲にあおられてあそこまで行った、っていう見方もできるでしょう。っていうかぜったいそういうところはあると思うんだ。
その辺は「素」と「つくられた部分」は不可分だよね。

まあ、会おうと思えば(何千分の1の確率でも)会えるかもしれない業界周辺に生きている人ならともかく(「沢尻会」という噂をばらまいたのはそういう人たち???)、
テレビを観ているただの人たちは、当然ながらテレビの中には入れない。ただただ、テレビの中のことだけを見つめて生きていくしかない。

そう考えたとき、タレントに「素」と「つくられた部分」があると考えるのは「あくまでもテレビの中のことをテレビの中のこととしか享受できない」立場からすれば、素朴すぎるスタンスだ。

だから、自分は「アイドルはこれからはもっと自分を出していくべき」みたいな考え方に以前は少し傾きかけたけど、やっぱり引っ込めざるを得ない。どうせ金にならなければブログをやろうがインタビューでダダをこねようが潰されるわけだし、
やっぱりテレビの前であーだこーだ言うだけのわが身としては、「アイドルの生身」を考えること自体が傲慢である、と言わざるを得ない(もちろん、他人がどんなスタンスだろうが知らないが)。

それと、「ハプニング」としての今回の騒動も認められない。
そもそも、テレビを観ている側はハプニングなのか仕込みなのかの区別を究極的には付けられない。
それを「仕込み的であるか、そうでないか」を基準に語るのは少々幼い気がする。
むしろ、今回の件にしても「どこまでが仕込みか、経験的にも判別が不可能である」ということに、視聴者はもっと絶望するべきだ。
そういう意味では沢尻エリカのサムイ感じは「亀田三兄弟」の演出の寒さにも通じる。「舞台挨拶でまで不遜な態度」というふうに、今までの「態度のデカイタレント」とは違って軽々と一線を踏み越えてしまうところも似ている。
(沢尻エリカの今回の行動に関して、「仕込みの枠内から逃れられない芸能人のあがき」というふうに、ある意味ロマンチックにとらえる人もいるだろうけど。)

さらに、「あまりにも大人の影がチラついている」のも、今回の件に関してトホホな感じが漂ってくる一因だ。
加護ちゃんの喫煙、温泉騒動があったときに周囲の大人が批判されたものだけど、
同じデンなら沢尻嬢も同じだろう。
まったく、井筒監督や高城剛は沢尻エリカに何を教えてたんだろうね?
とくに井筒監督はいつもいばりくさっているんだからコメントはするべきだよな。

というわけで、けっきょくハタチそこそこの女の子を商品化して売るよりしょうがない、小娘に何千人といういい大人たちが食わされているという、これ以上ないほどの現実を見せつけられて、私にとっての沢尻騒動は終わった。

それにしても本当につまらない、不愉快なだけの茶番だった。

|

« ・「実録 逆玉GET!!」(2007、宙出版) | トップページ | 【映画】・「ずべ公番長 東京流れ者」 »

アイドル」カテゴリの記事