« 絶望 | トップページ | 【映画】・「女子学園 悪い遊び」 »

【映画】・「ずべ公番長 夢は夜ひらく」

1970年、東映東京
監督・脚本:山口和彦、脚本:宮下教雄
出演:大信田礼子、梅宮辰夫、夏純子、藤圭子

「女ネリカン」と呼ばれる少年院みたいなところ、赤城学園。そこを退園した影山リカ(大信田礼子)は、バーでホステスとして働くことになるが、当然のごとく(?)ヤクザが出張ってきてすったもんだの末、ズベ公・リカの怒りが爆発する!

冒頭の、赤城学園における「花嫁着付け教室」がムチャクチャになるシーンが単純ながら象徴的で面白い。ツカミはOK。
手足が長く、グラマラスな大信田礼子は今のタレントに無理矢理たとえると根本はるみテイスト。

内容的には、梅宮辰夫扮するやくざの典型的殴り込みエピソードにむりやり女の子たちをからませた印象で、「うーん……」な感じかなあ。
まあ、続編があるみたいなんでそっちも観たいけど。

・「ずべ公番長 東京流れ者」(→感想

|

« 絶望 | トップページ | 【映画】・「女子学園 悪い遊び」 »

70年代」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事