« 【雑記】・「何度も何度もしてしまう話」 | トップページ | 【雑記】・「ブログを書くときの精神状態をコントロールするのはむずかしい」 »

【イベント】 ・「集え!正義!!ローカルヒーロー祭り・2」

9月8日(土)、昼。於:ロフトプラスワン。
「集え!正義!! ローカルヒーロー祭り」の第二弾。
地域を盛り上げるために活躍するローカルヒーローが登場するイベント。今年も観てきました。

最初に登場したのは東久留米市のヒーロー、「クルメイザー」。狭いプラスワン内でアクションを展開。感心するが、アクシデント発生。「ゾル大佐」みたいな悪の幹部が、足をケガしてしまったらしく、プラスワンの舞台につかまりながら演技継続。片足を床に着けることができない(後からスタッフの人に聞いたら骨折だったらしい)。

自分はよくあるヒーローショーのように、舞台に他の2人のお客とともに前に出されて悪人に体操させられたりする(笑)。しかしその間も悪幹部の足が気になってました。しかし最後まで演じきったプロ根性がすごかったです。

次、「オレパンダー」という謎のサブカルチック単体ヒーロー登場。
何しろ、どうやらピエロみたいに直接顔を白塗りにして扮装しているのである。完全にギャグ路線なのだがそのマイペースっぷりがたまらない。後から聞いたら芸人さんというわけではないらしい。デザインフェスタに出ているというから一種のパフォーマー? つまり、ガツガツ笑いを取りにいかないところが味になっているのだ。
ちなみに、今年の「Tシャツラブサミット」というイベントで、外をこの人が歩いているのをチラリと見かけたのだが正体がわかって、満足。

なお、オレパンダーは人々の心に巣くう「ココロノマイケル」と戦っているそうだが、これはふざけたふりしてなかなか秀逸な設定だと思う。

そして酒徳ごうわく氏編集による「『ローカルヒーロー大行進』イベントレポート」。 まあこの辺は安心して観られて鉄板ですね。楽しめました。また映像を説明する酒徳氏のポイントを突いた解説も良かったです。
ミナミユー監督の「地方戦隊キタカントー」、フォトシネマンという人が鹿児島の「アイラ仮面」をレポートした映像などが流れる。それとローカルヒーローというよりインディーズヒーローとも言うべき「Pマン」、カエルのヒーロー「フロッガイン」というのも流れました。

その後、昨年同様のヒーロー合同ショー。「クラッシャーカズヨシ」、「パンダーマスク」、「ビンボーグ」なども前回同様登場。やっぱり楽しいよねコレ。
ビンボーグというのは、何というか「悪の女幹部」みたいな感じのキャラクターなのだが、この人がイベント全体のプロデューサーらしいです。しかしふだん何やってる人なのかは、激しく謎。

……という感じでした。
昨年同様、拙いながらレポート書きました。私はイベントに行ったらいちいち細かくレポートを書くことを習慣としないのですが、この「ローカルヒーロー祭り」は、着眼点、イベントならではのライブ感、演者の真剣度などどう考えても現在の三倍はお客が入ってもいい良質なショーなので、都合上1年に1回しかできないそうですが今後も続いて欲しいという思いを込めて書いたのでした。

ローカルヒーローはもうほとんど日本の文化だな、と思ったイベントでありました。

|

« 【雑記】・「何度も何度もしてしまう話」 | トップページ | 【雑記】・「ブログを書くときの精神状態をコントロールするのはむずかしい」 »

イベント」カテゴリの記事

オタク」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事