« 【映画】・「大日本人」 | トップページ | 【イベント】・「時代劇の間違った見方」 »

【補足】ヒーローものとしての「大日本人」

ここの補足です。
自分がいちばん気になっているのは、松本が「スーパーヒーローもののパロディ」を、ここ一番の大勝負で持ってきた、っていうことで。

ダウンタウンのコントで印象的なものって、ヒーローものが多い。
まあ、バラエティのコントの題材がどの程度松本の裁量で決定しているのかはわからないし、
「定型パターンをひっくり返せばウケる」という鉄板な要素を重視しているのもわかるんですが、

それにしても、他のコメディアンに比べてもヒーローもののパロディが多い気がします。
「ラブラブファイヤー」、「ゴレンジャイ」、「ミラクルエース」、「エキセントリック少年ボウイ」、「カスタムひかる」、「ダウンタウンの流」では「犬マン」ってのがあった(犬マン、大好き)。
あ、あと浜田がやってた「ウルトラさん」ってのがありましたね。

他の人にはどうでもいいことでしょうが、自分はそれをすごい重視してます。

で、松本のヒーローパロディって、松本がヒーローに愛情を持っているかというのが観れば観るほどわからないんですよ。
いやたぶん世代的には、70年代特撮ヒーロー全盛時に育ったというのはあるだろうし、コントの展開としても「愛がない」とはとうてい思えないんですけどね。

「スーパーヒーロー」じゃないけど、病気の少年(浜田)のところに、「私は一位だ」って言って何の一位かわからない黒人の男(松本)が励ましに来るコントがあって、
私はあれも「ヒーローもののパロディ」だと思っているんだけど、
あれを見てても、別に「権威ある人間をひきずりおろしてやろう」とか、そういう悪意は感じない。むしろ微笑ましいでしょ、あれ。
ミラクルエースも(まああれはむしろ「トカゲのおっさん」系統に入るんじゃないかとは思うけど)、別に悪いヤツじゃないよね。

それで、松本は2007年に至っても「スーパーヒーローもののパロディ」を放ってきたわけで、
その辺のことがすごい気になるんですよね。

で、「大日本人」が不幸だとしたら、
観客は「金を払ってまでヒーローもののパロディは観たくない」って思っているかもしれないんですよね。
別に「松本の映画が観たい」と思っている人は、ヒーローものにとくにこだわりがあるわけではないから。
まず題材からして「なんで?」って思っちゃうと思います。

私は、「大日本人」は、たけし映画だとか何だとかよりも、
「Mr.インクレディブル」とかがライバルだと思いますよ。
で、アメリカだと
「もはやスーパーヒーローは昔ながらのスーパーヒーローではいられない、でもやるんだよ」
っていうのが、
モノホンのスーパーヒーローものの中にすでに組み込まれていますよね。
けっきょく「バットマン」も「スパイダーマン」もそういう話だし。

でも、日本の観客って「スーパーヒーローものとは何か?」っていうことになると、そこまで成熟してないから。
まあ、そんなことを思い続けてますけどねえ。

#あ、あと私「ビジュアルバム」観てないんです。観よう。

・補足の補足その1
「松本だからってみんなフォローの視線で見過ぎ。笑いは少なかった」っていう意見があって、
確かに松本のつくるものは、素直に大爆笑できるものは「一人ごっつ」よりちょっと後くらいからどんどん減ってきてるんだけど、
ただ松本が取れる大爆笑は、今現在後続世代でも取れる性質のもので、松本本人がそれを「後輩と同じことをやってもしょうがない」と思っているかもしれない、という予測は成り立つと思います。
むしろ後輩と戦ってる感じがするね、ここ10年くらいの松本は。

・補足の補足その2
女の子もたくさん見に行くと思うんだけど、基本的に女性は「スーパーヒーローとは何か?」という命題を持っていないので、よけいつまらなく感じるとは思います。

|

« 【映画】・「大日本人」 | トップページ | 【イベント】・「時代劇の間違った見方」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

そうそう。「ヒーローもの」多いですよね。ビジュアルバムにも当然のように入ってますよ。「ゲッタマン」ってやつ。かなり、笑えますよ。
「「Mr.インクレディブル」とかがライバルだ」という指摘には思わず膝を打ちました。その通りだと思いますし、またその観点でみると、より楽しめそうですね。

松ちゃんは確か「笑いには哀愁が重要」というようなことを語っていて、「ヒーローもの」という形式自体に哀愁を見いだしている可能性がありますね。

投稿: 既出くん | 2007年6月 4日 (月) 16時22分

>>「笑いには哀愁が重要」

なるほど、「トカゲのおっさん」も哀愁がありましたしねえ……。
日本には「悩めるスーパー・ヒーロー」という概念がほとんどないんで、そういう意味では好きな映画です。
ビジュアルバム、やっぱり観なくちゃ。

投稿: 新田五郎 | 2007年6月 5日 (火) 05時33分

小さいころ、地元のちょっと変なオッサンとかにヒーロー性を感じて憧れていたんだけど、親とか周りの友達はその人をバカにしていて・・・オレにとってはあの人ヒーローやったんじゃ!!!ウルトラマンなんじゃ!!!って聞こえる。

投稿: nanasi | 2007年6月 5日 (火) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【映画】・「大日本人」 | トップページ | 【イベント】・「時代劇の間違った見方」 »