« ・「トンデモ映画会 改め 奇想天外シネマテーク」開催! | トップページ | ・「無意味ブログ入門」第2回「書き出しの次について」 »

・「無意味ブログ入門」第1回

死ぬほどアクセス数が少ないこのブログ。
以前、頻繁に更新していたふぬけ共和国を、1日300台のアクセス数にするのに5年かかった。
そして、更新の方法が面倒くさいのでこのブログに移行したら、またもやアクセス数が激減。

まあ、大きな理由のひとつは雑誌のレビューをやらなくなったことではないかと思う。
みんな、少しでも新しいことを知りたいから……。
世の中スピード時代ですからね。

だから思った、自分の書くものには自分で価値を付けていくしかないんですよ。
無意味に価値を。

というわけで、「無意味ブログ入門」を連載することにします(飽きたら途中でやめます)。
やれニュースサイトをやりたいだとか、ネットで恋人をつくりたいだとか、
そういうのはいっさい関係ナシ!!
そういう人は、サイバーエージェントに入社してください。
ここでは、ひたすらに無意味で楽しいブログをめざします。

よく「無意味」ということにカン違いしている人がいて、

サッカーとポケモンしか頭にない小学生ヅラで、
「せんせェー、本当に無意味を追及するならァー、まずテキストがテキストとして意味が通っていること自体おかしいんじゃないですかァー」
とか言うヤツがいるが、

おまえは、何だおまえは!! 
「子供時代のない子供」か!!(古すぎる)

「楽しくブログを書きましょう」ってのがポイントなんだよ。「楽しい」に比重が来るの!!

それくらい、空気読めよ、もぉ〜。

では、始めましょう。

・その1 書き出しについて
これには、3つのパターンがあります。
・身辺雑記から無意味へ
・時事問題から無意味へ
・本当に無意味なことを書く

「身辺雑記から無意味へ」とは、たとえばこうです。

「いや〜GWも終わりましたねェ。帰省ラッシュで大変なのかな。でももっと大変なのは、首をつるされて我が子がそれを下で支えている状態の人ですよね。こんにちは、ペットボトーラーXです。職業は自由人!!」

今急いで書いたんですが、「首をつるされて我が子が支えている人」っていうのは確か「北斗の拳」に出てきた人で、本当は「北斗の拳」、「サザエさん」、「ドラえもん」、「ドラゴンボール」などはネタとして御法度の部類に入ります。
なぜかというと、手垢が付き過ぎちゃってるから新鮮味にかけるんです。
だから、同じ北斗の拳でも本当にだれもぜんっぜん知らないようなネタならいいと思います。
まあ「北斗の拳で、知らない」ってだけで読んでる方は「ハァ?」ってなっちゃうんだけどね。

「時事問題から無意味へ」は、ツカミとしてそのときどきにあった出来事を冒頭に持ってきます。
たとえばこんな感じ。

「選挙も終わりましたね! あなたは投票へ行きましたか? あなたの心には何が残りましたか? 残ったおやつ捨てましたか? 隠しておいてしばらくして開けたらカビカビになっていませんか? 宇宙ってどこまで膨張するんですか?  
巨大なピンセットでパンをつまんで買うパン屋はぜんぶこじゃれていて許せませんね!!」

「あなたの心には何が残りましたか?」というフレーズも、今さら感があってかなりNGワードなんですがあくまで「例」なんでいいでしょう。

最後、「本当に無意味」な場合。

「プガプガドンドンプガドンドーン!! ただいま火星発金星行、白鳥のかたちをしたボート、出発しまーす! 車掌はわたくし、もん・じゃ太郎、運転手は片山右京、ビュッフェのコックも片山右京、缶コーヒーなどを売りに来る人も片山右京、大統領も片山右京、アメ横でダミ声でものを売っている人も片山右京でございまーす。」

ここで、片山右京を続けて、最後を「小松左京」にするかどうかがポイントですよね。私はしませんでしたが、してもいいと思います。
どうせ他人のことだもの。
お箸の国の、人だもの。

じゃ、第1回終わり。

・「無意味ブログ入門」第2回「書き出しの次について」

・「無意味ブログ入門」第3回「文章に変化をつける」

・「無意味ブログ入門」第4回「最終回の前に:無意味ブログの意味」

・「無意味ブログ入門」第5回 最終回「メチャクチャ書いたる」

|

« ・「トンデモ映画会 改め 奇想天外シネマテーク」開催! | トップページ | ・「無意味ブログ入門」第2回「書き出しの次について」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ・「トンデモ映画会 改め 奇想天外シネマテーク」開催! | トップページ | ・「無意味ブログ入門」第2回「書き出しの次について」 »