« ・「もずく、ウォーキング!」(1)〜(2) 施川ユウキ(2006〜2007、秋田書店) | トップページ | ・「ニュースの牛」 中川いさみ(2007、小学館) »

・「殴るぞ」(9)〜(11)(完結) 吉田戦車(2006、小学館)

[amazon]

週刊ビッグコミックスピリッツ連載。4コママンガ。
9巻と10巻を読む間が開いてしまい、旦那様がひげをそっちゃったとか犬が放浪してるとか、ぜんぶ忘れちゃってたよ! そして11巻で完結していたことも知らないで、ずーっと過ごしていた。
同じことを何度か書いているかもしれないけど、「伝染るんです。」のときにはシュールだのなんだの言われていたが、同じ方法でギャグをつくっていって、今ではむしろ安定感の方を感じる盤石の作風となったね、吉田戦車。

20年くらい前は「ギャグマンガはもって三年」と言われていたことを考えると、感慨深い。
もちろん、作者本人の研鑽努力のたまものなんだろうけど、それにしてもムカシのギャグマンガ家はあっという間に使い捨てられて消えたよなあ。
「昔の編集者にはサムライがいた」なんて言う。もちろん作家を大事にする人もいたんだろうけど、消えていった作家のことを考えるともっと他に育て方があったんじゃないか? って、今活躍している吉田戦車や唐沢なをきや中川いさみの作品をみると思いますね。

まあ、そんな批判めいたことだれも調べたり考察したりしないでしょうが……。

3〜8巻の感想

|

« ・「もずく、ウォーキング!」(1)〜(2) 施川ユウキ(2006〜2007、秋田書店) | トップページ | ・「ニュースの牛」 中川いさみ(2007、小学館) »

ギャグマンガ」カテゴリの記事

マンガ単行本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ・「もずく、ウォーキング!」(1)〜(2) 施川ユウキ(2006〜2007、秋田書店) | トップページ | ・「ニュースの牛」 中川いさみ(2007、小学館) »