« 【雑記】・「民放連などに霊感番組是正の要望書」 | トップページ | ・「非情のコクピット」 三木孝祐、武下新一(1978、コミック社) »

【アニメ映画】・「プロジェクトA子2」

[amazon]
1987年

まあ前作よりはマシかな……。前作でやってきた宇宙人の墜落宇宙船をめぐっての攻防戦。

前作のラストで、墜落した宇宙船が街の中心あるタワーに突き刺さってしまったんだが、それが中を改造(改装?)されてレストランとしてにぎわっている、というオープニング。

もう心の底から、

は ち じ ゅ う ね ん だ い だ な ー

と思いましたね。

危機は脳天気に回避できるものである、あるいは無根拠に日常に取り込んでしまえるという強い思い込み。
それが実に「80年代的なギャグ」だと思うわけです。

全体のトーンは「ギャグ」というよりコメディチックという印象。これは脚本が小山高男(高生)だからなんですかね。まあ私はアニメの脚本のことなんかわからないんで、うがった見方はナシにしましょうか。

90年代半ば、エヴァを経てからのオタク向けエンタテインメントの一部には深刻な、辛気くさい何かがつきまとっているんだけれども、この頃はまだ「オタク」自体の浸透・拡散以前の祝祭的雰囲気が作品に漂っている印象を受けます。

|

« 【雑記】・「民放連などに霊感番組是正の要望書」 | トップページ | ・「非情のコクピット」 三木孝祐、武下新一(1978、コミック社) »

80年代」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事