« 【イベント】・「鶴岡法斎のエログロハイセンスVol.10 〜最暗黒の妄想、そして奇想〜」 | トップページ | 【イベント】トンデモ本大賞2007、今年も開催!! »

【アニメ】・「ダロス」

1983〜84年

原作・脚本:鳥海永行
監督・脚本:押井守

世界初のOAVだそうだ。「バース」、「レダ」とともに、レンタル屋に並んでいたと記憶する。
あらすじは、月面開拓民・ルナリアンと地球統轄局との階級闘争を描いたアクションSF……といったところか。
市民革命を描こうとした時点で押井守節炸裂、120分では少々尺が足りず、月面にたたずむ巨大建造物「ダロス」の役割がいま一つ消化不良であるなどの不満は残るが、80年代前半という時代を考える上でも興味深い作品であることに変わりはない。
(以下、続きあります)

もう少し詳細に設定を説明すると、地球は資源不足を解決するために月面開拓プロジェクトを行い、送られてきた月の資源により繁栄する。しかし、月の人々ーールナリアンは、鉱石採掘(要するにドカチン仕事)に明け暮れるもののその生活は貧しい。
このため、若い世代には不満が渦巻き、ゲリラ活動も活発であった。
機械いじりにしか興味のない少年・シュンは、かつてのゲリラの首謀者だった兄を持つために、現在のゲリラリーダー・ドグと知り合い、行動をともにすることになる……。

この作品はリアルタイムで観てもけっこう面白かっただろうが、20年以上を経た現在観るとさらに面白い。
というのは、本作はひと言で言って当時の日本において「一億層中流幻想」、あるいは「中産階級」が確立されていた、ということと無縁ではないからだ。

たとえば、本作における月面開拓者(ルナリアン)の貧困と苦労は、実はいま一つ伝わってこない。
ゲリラたちがなぜ必死に抵抗運動を続けているかというと、「死ぬまで取れない」という番号管理のためのリングを頭にはめられていること、そして「バーソロミュー事件」という地下鉄爆破事件が、当局によって引き起こされた陰謀であり、その濡れ衣で過去のゲリラ活動が破壊されたことにある。

つまり、言い方は悪いが動機があまり貧困生活に根ざしているとは言い難い。それよりも地球や統括局に対する心情的な不満ということの方がずっと大きい(「バーソロミュー事件」は、陰謀という意味では大きいが、それがためだけに支配体制をまるごとひっくり返す、というのは大義名分としても若干弱い気がする)。

それがためだろう、開拓民一世の老人たちは、若者たちのゲリラ活動に感心していない。これはむしろ、「ゲリラの動機が弱い」ということとつながっていて興味深い。

何が言いたいかというと、80年代というのは革命の動機が「何か気にくわない」とか「面白くない」とかにしか求められない(あるいはそう思われている)時代だったということだ。
動機が哲学的だったり心情的だったりしすぎると、革命というのは成功しない。
でも、何かやらなければ気が済まない。でもやっても成功するとは思えない。

本作には、そのジレンマがある(押井守自身にも、あるかもしれない)。

当時、全共闘世代はマスコミ的にもいろいろなことに発言していてかなりうるさかった(失礼)。
しかし、現場のクリエーター以外、「アニメ」を評価する人は非常に少なかったように思う。
「ガンダム」の厭戦気分も、「永久革命家」としてのシャアも無視されていたし、宮崎駿のエコ志向も当然無視、押井守なんて全共闘世代のワーワー言っていた人たちは名前も知らなかったんじゃないか。

70年代中盤に「政治の季節」は終わったが、何もその頃にみんな処刑されちゃったとかそういうわけじゃないんだから、「思い」はくすぶり続ける。
そのくすぶりはアニメやマンガの中で、エンターテインメントとして蘇っていたのだが、それらをみんな無視してたことが、今観るとすごくよくわかる。

「70年代の気分と80年代前半の気分は地続きだった」と看破したのは大塚英志の「おたくの精神史」だったが、ここら辺は今年定年退職してヒマができる全共闘世代に再確認してもらいたいところだ。

さて、そんな中流幻想も、ここに至ってとうとう崩れそうである。80年代に微力ながらも「革命」を訴えていた人々の役割は「中流」の人々に革命の動機を与えることだったが、今後そんな役割は必要なくなるだろう。
「下流」へ向けて、そういう人たちがどういう言葉を発信できるか、は見ものと言えば見ものである。

|

« 【イベント】・「鶴岡法斎のエログロハイセンスVol.10 〜最暗黒の妄想、そして奇想〜」 | トップページ | 【イベント】トンデモ本大賞2007、今年も開催!! »

80年代」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/14210340

この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ】・「ダロス」:

« 【イベント】・「鶴岡法斎のエログロハイセンスVol.10 〜最暗黒の妄想、そして奇想〜」 | トップページ | 【イベント】トンデモ本大賞2007、今年も開催!! »