« 【イベント】・「鶴岡法斎のエログロハイセンスVol.9 〜奇想妄想マンダラ展覧会!〜」 | トップページ | ・「銀河宅配便マグロ」(1) おおひなたごう(2007、エンターブレイン) »

【映画】・「本陣殺人事件」

1975年、たかばやしよういちプロ、映像京都、ATG

監督・脚本:高林陽一、原作:横溝正史
出演:中尾彬、田村高廣、高沢順子、水原ゆう紀、常田富士男

推理ものなので、ネタバレ全開で行きます。原作は非常に面白い推理小説なので、内容を知らない人は今回このテキストを読むことはオススメしません。
それより原作や映画の方がぜったい面白いですから。


長髪、ジーパン、変なデニムのチョッキ、ときどきタレサンをかける、という中尾彬の金田一で有名ですが初めて観ました。

いやあこれはなかなかいいですよ。
原作は読んだけど忘れましたが、この映画は一種の「引きこもり、悪い意味でのオタク」批判なんですね。
殺人の動機自体が悪しき男のオタクの妄念という感じでなかなかナイスです。自分は金と権力(元豪農)で学者として勉強したいほうだい、こもりたい放題こもっておいて「嫁さんは処女じゃなきゃイヤ!」って、こりゃ今でもどっか勘違いした男性のオタクにありがちな発想です。

そして、象牙の塔にこもりながらも(なんか自宅で独学してたみたいではありますが)社会的には学者として成功をおさめている兄(田村高廣)、兄に憧れながらそこまでは行けず、探偵小説の空想の中で遊ぶことしかできない弟。
こいつらの犯罪だから、要するにはっきりとそう言っているわけではないけど「悪い意味でのオタク」の犯罪なんですね。

面白いのは、いちばん下の妹が「ちょっと頭が足りない」と称されるイノセントな不思議少女なんですが、中尾金田一は頭のいい長兄とこの少女は似ている、と看破するんです。兄は40男という設定ですから、トリック暴きと同じくらいなかなかショッキングな謎解きです。
そして、「社会的成功」、「世間体」というものを重くとらえている二人の兄は殺人に手を染めざるを得ず、ほとんど何も望まない妹は一種のトリックスターとして偶然とはいえ結果的に犯罪を暴いてしまう。
原作がどうなっていたかぜんぜん覚えてませんが、実に興味深い展開です。

横溝の金田一ものは一般的に「閉ざされた農村社会の因習が犯罪の引き金になる」と言われていますが、本作に限っては、兄弟たちが「完全なかたち」で引きこもることができず、常に村落共同体のプレッシャーにさらされていたがゆえにおきた犯罪、とも言えます。
彼らが都市部で気ままに生きられたら、この殺人は起きなかったかもしれない。

金田一のキャラクターが、またこの時代を象徴していてカッコいいんですよ。
兄の結婚が遅れたことに対して、「男は結婚よりも、やりたいことがたくさんありますからな!!」とさわやかに断言しつつ、
最後には地面の土を握りしめながら「彼らは泥にまみれて働いたことがないからこういう犯罪に走った」的なことをつぶやきます。

じゃあ金田一、あんたは何なのよ、あんたも勝手気ままに生きてるでしょうが、と観客は思うんですが、
彼は今回の事件の依頼者(殺された花嫁の父)がアメリカに住んでいた頃、アメリカを放浪中死にかけ、拾われて助かったという過去を持っています。
要するに、多分に知的遊戯のみに取り憑かれる誘惑を感じながらも、けっこう辛酸なめてるんですよ、というキャラクターになっている。
かつて百万言お説教として言われましたが、「身体性」を伴ったインテリくずれ、とでもいった感じに描かれているんですね。

逆に言えば、70年代はそういう男が「ヒーロー」だったのです。

ラストシーン、もっともピュアだった妹さんのお葬式に金田一が出くわして映画は幕を閉じます。
「純粋すぎた少女は生きられなかった」と暗示するかのように。
このラストがあるために、「処女大好きっコのバカ兄とオタクな弟の身勝手犯罪」という後味の悪さがスッ、と抜けるんですね。
今似たようなテーマでやるなら、もっと風刺を引き立たせ、もっと嫌味ったらしくなるでしょう。

そこがフッ、と抜けているところが好きですねえ。
こういう風の抜け方も、最近は観られなくなりました。

まあつくった人はそんなことツユほども思ってなかったでしょうが、深読みに深読みすれば80年代のロリコン/美少女ブームの前夜祭ととるのも一興かと(「17歳」っていう設定の美少女がぜんぜん17歳に見えないんですがね)。

|

« 【イベント】・「鶴岡法斎のエログロハイセンスVol.9 〜奇想妄想マンダラ展覧会!〜」 | トップページ | ・「銀河宅配便マグロ」(1) おおひなたごう(2007、エンターブレイン) »

70年代」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165886/13846643

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】・「本陣殺人事件」:

« 【イベント】・「鶴岡法斎のエログロハイセンスVol.9 〜奇想妄想マンダラ展覧会!〜」 | トップページ | ・「銀河宅配便マグロ」(1) おおひなたごう(2007、エンターブレイン) »